国内ストレージシステム市場、2018年は前年比4.2%増の1,808億6,100万円――IDCがシステムタイプ別予測を発表

EnterpriseZine / 2019年7月9日 16時0分

 IDC Japanは、国内エンタープライズストレージシステム市場のシステムタイプ別予測を発表した。今回のシステムタイプ別予測の対象となったエンタープライズストレージシステムの2018年の国内市場の支出額は前年比4.2%増の1,808億6,100万円だった。

 IDCでは、システムタイプを「SoR(Systems of Record)」「SoE(Systems of Engagement)」「SoI(Systems of Insight)」「システム基盤プラットフォーム」「機器/装置制御システム」の5つに分類している。

 5つのセグメントのうち、「SoR」と、「SoE」および「SoI」を合算した「SoE/SoI」、および「システム基盤プラットフォーム」と「機器/装置制御システム」を合算した「Other」の3つのカテゴリーについて、エンタープライズストレージシステム市場の予測値を提供している。

 また、今回発表した国内エンタープライズストレージシステムのシステムタイプ別市場は、サーバー内蔵型ストレージなどサーバーとの間でダブルカウントが発生するストレージを除いた、外付型エンタープライズストレージシステムとODM DirectのStorage Expansion(増設装置)を対象としている。

2018年~2023年の年間平均成長率はマイナス0.3%と予測

 システムタイプ別の支出額を見ると、SoRが前年比1.6%減の869億8,500万円、SoE/SoIが同13.9%増の270億2,900万円、Otherが同8.9%増の668億4,800万円だった。

 また、今回の予測対象となった市場全体の支出額は、2023年で1,779億1,900万円と予測され、2018年~2023年の5年間における年間平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)はマイナス0.3%と予測している。
参考資料:国内エンタープライズストレージシステム市場 システムタイプ別支出額予測、2018年~2023年
(作成:IDC Japan)

 システムタイプ別の2023年の規模は、SoRが891億4,700万円でCAGRは0.5%、SoE/SoIが314億8,100万円で同3.1%、Otherが572億9,100万円でマイナス3.0%。SoE/SoIについては比較的高い成長を続け、市場全体を下支えすると予測している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング