SBT、マネージドセキュリティサービス(MSS)に「MSS for Secure Gateway」を追加し提供開始

EnterpriseZine / 2019年7月10日 14時0分

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、SBTのセキュリティ専門家が24時間365日体制でセキュリティの運用・監視を行うマネージドセキュリティサービス(MSS)に、新しいラインアップ「MSS for Secure Gateway」を追加し、7月10日から提供開始することを発表した。

 今回追加された「MSS for Secure Gateway」と、既存サービスである「MSS for Microsoft 365」と「MSS for EDR」によって、テレワークなどでユーザーが社外ネットワーク環境にいる時に起こり得る「悪意あるサイトへのアクセス」や「IDの乗っ取り」「エンドポイントへの攻撃」の脅威に対して包括的なセキュリティ対策を提供するという。

「MSS」のラインアップと重点項目

 ・MSS for Secure Gateway(インターネットアクセス)

 危険なサイトへのアクセスを制限し、情報漏洩の要因となるIDの盗難や、マルウェア・ランサムウェアの感染を防止。

 ・MSS for Microsoft 365(クラウド環境、ID)

 管理者の目から見えづらいクラウド内部のセキュリティを強化し、IDの乗っ取りによる機密情報の盗難・流出を防止。

 ・MSS for EDR(エンドポイント)

 エンドポイントのセキュリティ対策を強化し、上記にて防げなかった攻撃に対応。また、インシデント発生時の追跡も可能。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
DIT、エフセキュアとの協業を強化してトータルなマネージドセキュリティサービスを提供
JBS、メールのセキュリティリスクを低減するマネージドセキュリティサービスを提供開始
GRCS、セキュリティ製品の運用・監視支援サービス「次世代型MSS」を提供開始
NTT Com、FortiGateのPCAPデータを活用したセキュリティ高度分析サービスを提供開始
ALSI、セキュアなテレワークを支援するクラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」最新版を販売開始

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング