レノボ、消費電力に基づく従量課金制インフラサービス「Lenovo TruScale Infrastructure Services」を開始

EnterpriseZine / 2019年7月16日 14時0分

 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、包括的な従量課金制インフラサービスである「Lenovo TruScale Infrastructure Services」を、7月16日から日本国内でサービス開始すると発表した。

 「Lenovo TruScale」は、機器を購入することなく、オンプレミスまたは希望する場所で、レノボのデータセンター用のハードウェアやレノボのサービスを利用が可能な、消費電力に基づくサブスクリプションベースの販売形態だという。

 「Lenovo TruScale」は、ビジネスニーズと予算に合わせて、最新のハードウェア環境を「消費電力に基づく課金」という新たな選択肢で提供される。料金体系は、基本料金であるベース・プログラム・コストに加え、「固定」「固定+従量課金(可変)」「従量課金(可変)のみ」のプランから選択することができる。

「Lenovo TruScale」のメリット

消費電力に基づくサブスクリプションベースの課金により、高額な初期投資なしで最新の機器を利用可能。
ビジネスニーズに基づき、必要とする容量のみを段階的に追加することが可能。また、契約期間中は、ハードウェアのアップグレードも可能。
セットアップはレノボが行うため、ユーザーはITリソース導入の必要なし。
ベース・プログラム・コスト以外の最低契約容量なし、かつ従量課金の範囲を0%~100%の価格レベルの範囲で自由に選択可能。
オンプレミス、クラウド、ハイブリッドクラウドからの選択が可能。オンプレミスの場合アプリケーション層以上のセキュリティポリシーはユーザーの管理下となるためセキュリティ上の不安を払拭。

EnterpriseZine編集部[著]

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング