SAS、ストリーミング・アナリティクスを強化したIoTソリューション「SAS Analytics for IoT 7.1」をリリース

EnterpriseZine / 2019年7月31日 13時30分

 SAS Institute Japanは、発生し続けるIoTデータに人工知能(AI)やアドバンスド・アナリティクスを適用し、ビジネス価値の生成を加速させる「SAS Analytics for IoT」の新バージョン7.1をリリースしたことを発表した。

 「SAS Analytics for IoT」は、SASが提唱するIoTアナリティクス・ライフサイクルを実現し、センサー等のストリーミング・データから、ビジネスにおける価値生成を短期間に実現するためのソリューションになる。

 以前のSAS Analytics for IoTは、ストリーミング・データを収集し、データを蓄積・保管後、探索的アナリティクスを中心としたデータ活用を実現するまでのソリューションだったという。

 しかし、「SAS Analytics for IoT 7.1」lでは、新たな製品を加わえることで、データ発生源に近いエッジ領域から直接データを収集し、リアルタイムでストリーミング・データに対する分析機能が拡張された。

 これにより、ストリーミング・データを可視化するだけではなく、例えば、これまで人に頼ってきた判断を機械学習やディープ・ラーニングといった最先端技術を活用して代替することが可能になり、労働力不足の解消など、より高度かつ高速なビジネス価値の生成を実現するとしている。

SAS Analytics for IoTソリューションの主な特徴

 ・ストリーミング・アナリティクスの強化・拡張

 SAS Analytics for IoTの製品群の1つでもある「SAS Event Stream Processing」は、ストリーミング・データに対して、低レイテンシーかつ大量のスループットを実現するパワフルなリアルタイム処理機能を有している。

 特に、ストリーミング・データを活用した異常値判定や、状態監視、早期の劣化診断、周波数解析機能等を実現するアドバンスド・アナリティクス機能を強化、新規追加しており、状態の異常や不正などの診断アルゴリズムを高度化する。

 ほかにも音声認識処理が加わった上、サポートする機械学習・ディープ・ラーニングによる予測処理機能を拡張したことで、AI技術の適用可能な業務領域が広がった。

 これにより、センサーデバイスなどから集まるデータや、ネットワーク上を流れるデータなどから、正確な意思決定を俊敏に行いながら、ビジネス価値の生成を加速させる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング