NEC、「NEC Hyper Converged System」などITシステムのモダナイゼーションを支援する製品群を発表

EnterpriseZine / 2019年8月22日 14時0分

 NECは、ITシステムのモダナイゼーションを支援するハイブリッドIT製品群として、HCI(Hyper Converged Infrastructure)モデル「NEC Hyper Converged System」やマイクロサービス化支援ツールをはじめとした製品群の提供を順次開始すると発表した。

 発表された製品群は、最新のデジタル技術を取り入れたハイブリッドIT環境の容易な設計・構築・運用を可能とし、さらには、COBOLやJava等で開発された既存のアプリケーション資産を活かしながら、ITシステムのモダナイゼーションを実現するものだという。

 NECは、ITシステムのモダナイゼーションに向けて、「ITインフラストラクチャ環境のモダナイゼーション支援」「アプリケーション環境のモダナイゼーション支援」「オンプレミスとクラウド環境全体の統合管理支援」の3つの観点で、企業や組織におけるデジタル技術を活用した成長戦略の原動力となるハイブリッドIT環境の実現に貢献するとしている。

「ITインフラストラクチャ環境のモダナイゼーション」を支援する製品群

 利用状況に連動してITリソースを柔軟に拡張できるスケールアウトと、ITシステム全体の運用管理の容易化と効率化を実現するITインフラストラクチャを提供。HCIモデル「NEC Hyper Converged System」においては、各コンポーネントのバージョン管理・更新を、全コンポーネントを一括してライフサイクル管理できるサポートサービスを開始する。

 さらに、NEC独自の専用管理ツール「NEC Hyper Converged System Console」では、新たに直観的なGUI操作機能や運用作業の自動化技術を搭載。例えば、障害予兆検知機能による業務停止回避やシステムの利用状況レポート作成時間を8時間から約30分に削減できるなど、多様な運用管理支援機能を提供する。

 また、IAサーバExpress5800シリーズの保守契約者向け「サーバ診断カルテサービス」では、新たに過去のリソース稼働状況との比較機能を追加し、リソース不足によるトラブルや業務停止の予兆傾向の可視化が可能となる。

「アプリケーション環境のモダナイゼーション」を支援する製品群

 高信頼・高品質なマイクロサービス化・コンテナ化を実現するアプリケーション開発環境を支援する。

 従来のアプリケーションの中から、マイクロサービス化する対象候補を調査・設計する作業を効率化する「SystemDirector Microservice Toolkit」と、コンテナ運用管理の省力化を実現する「NEC Workload Manager for Container Platform」を新たに提供。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング