インフォアジャパン、エンタープライズ分析とセルフサービス分析を提供するクラウドBI基盤「Birst 7」を提供開始

EnterpriseZine / 2019年8月26日 15時30分

 インフォアジャパンは、クラウドBIプラットフォーム「Birst」の新版「Birst 7」を8月26日から日本市場で提供開始したことを発表した。「Birst 7」は、単一のプラットフォームで中央管理されたエンタープライズ分析と分散した各部門の業務担当者によるセルフサービス分析を提供するための機能が強化された。

 「Birst 7」は、特許取得済みのデータウェアハウジングの自動化技術により、エンタープライズ分析向けのデータモデリングの新しいアプローチを実現しているという。また、新しい監査機能や、よりきめ細かいユーザー管理機能など、エンタープライズ分析やセルフサービス分析を実現するための管理モジュールが拡張される。

 これらの新機能によりコンプライアンスとガバナンスの中央管理を維持しながら、データモデリングを各主管部門に委ねることができるとしている。

「Birst 7」の主な新機能

 ・エンタープライズ/セルフサービスのテナントの管理

 中央管理された(エンタープライズ分析用)テナントと分散管理された(セルフサービス分析用)テナントをワンクリックで作成できる、統一された使いやすいインターフェイスを追加。エンタープライズ/セルフサービスのテナントを複製する機能も含まれる。

 ・ADRテクノロジーによるモデリング

 特許取得済みのAutomated Data Refinement (ADR)テクノロジーにより、大規模で複雑なスキーマのモデリングが可能になる。エンタープライズ分析向けのADRスクリプトソースやクローンソース、レベルと粒度を単一のユーザーインターフェイスで作成・更新できる機能も含まれる。

 ・Birst Smart Analytics

 機械学習アルゴリズムにより、これまでユーザーが活用できなかったインテリジェントなインサイトを提供。

 ・Birst Connect 2.0

 クラウド上で網羅的に管理可能な「Birst Connect 2.0」コネクティビティ・フレームワークを追加しています。高度な解析機能やエンタープライズ/セルフサービス間での共有接続、複雑なフラットファイルを簡単にアップロードするための使いやすいインターフェイスなど、ワンクリックでソースにライブアクセスできる機能が充実している。

 ・セルフサービス向けローカライズ

 完全なアプリケーション・メタデータとユーザー定義オブジェクトのローカライズを、日本語を含む40以上の言語で提供し、セルフサービス分析向けにパーソナライズされたユーザー体験を提供。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング