ビッグデータ時代におけるデータ活用の現実と課題

EnterpriseZine / 2012年1月6日 7時0分

図1:主要なIT動向に対する重要度指数と実施率の変化  

IT分野での新たなキーワードの1つとして「ビッグデータ」が急速に注目を浴びている。これは、従来のデータウェアハウス(DWH)やBIツールによるデータ活用とどう違うのだろうか。本稿では、その背景をビジネス環境と技術の両面から整理し、データ活用に関する現状の課題を分析し、今後の方向性を示唆する。

■「ビッグデータ」が注目される背景

 1990年にビル・インモン氏が著書でデータウェアハウスという言葉を定義し、リレーショナル・データベースの父とされるコッド博士が1993年にOLAP(Online Analytical Processing)を提唱して以来、企業におけるデータ活用への取り組みは活発化し、国内においても、1990年代後半からデータウェアハウスの構築やデータ分析ツールの導入が盛んに行われてきた。ITRでは、2001年度から継続して国内企業のIT投資動向を調査しているが、「データ活用」や「情報活用」はこの10 年間、常に重要度が高いIT戦略キーワードであり、「データ分析」は常に注力すべきアプリケーション分野として上位に位置してきた。

 しかし、2010年に調査を実施した「国内IT投資動向調査報告書2011」を見ても、「データ分析基盤の強化」の実施率は19.8%でしかなく、ITを活用したデータ分析が浸透しているとは言い難い状況である(図1)。
図1:主要なIT動向に対する重要度指数と実施率の変化   出典:ITR「IT投資動向調査2011」(調査時点:2010年10月、回答数:446)

 では、なぜ今ビッグデータが注目を集めているのであろうか。ビッグデータが注目される背景にはビジネス環境に関する側面(ニーズ)と技術革新による側面(シーズ)の2つが挙げられる。

 最初にビジネス環境の変化について述べる。企業がビッグデータに注目している理由としては、ビジネス環境の変化がこれまで体験したことのないような速度と規模で発生していることが挙げられる。「想定外」や「不確実」という言葉で表せられる現在の企業を取り巻く環境を見ると、もはや経験や勘を頼りにビジネスの舵取りをしていくことは不可能ではないかと多くの企業経営者は感じているはずである。

 変化があっても、一定のベクトルに収まっていた時代では、蓄積したデータを分析することで、今後の変化を予測することは可能であった。しかし、現在では、消費者ニーズや競合状況、為替変動や資材状況、そして国際情勢などのビジネス環境は刻一刻と変化する。これらの変化をデータ化し、常に把握し、自社にとって有利な状況へと舵をきり続けなければならなくなったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング