EMCジャパン、2012年の事業戦略は、ITトランスフォーメーション+トラスト+ビッグデータ。データ・サイエンティストの育成支援も開始。

EnterpriseZine / 2012年1月26日 18時10分

EMCジャパン株式会社は2012年1月26日、2012年の事業戦略を発表し、代表取締役社長 山野修氏が会見を行った。

 山野社長はまず、EMCの2011年の第4四半期、および通期の売上と利益が記録的であったことを発表した。売上の通期は200億ドルで18%の伸び、純利益はGAAPで25億ドルの30%伸び、Non-Gapで34億ドルで24億ドルの伸びを果たし、「Appleを除く多くのUSのIT企業がひとケタの伸びの中で驚異的な成長を果たした」と語った。

 発表された2012年の具体的な施策は、「ITトランスフォーメーション」、「トラスト(セキュリティ、GRC、災害対策)」、「ビッグデータ」の3分野に注力し、「XaaS(eXecution as a Service:エグゼキューション・サービス)」の考え方のもと、サービス事業の比率を高めていくというもの。

 長期的には縮小が予想されるITビジネス市場を、ビッグデータ、パブリッククラウドなどの目的志向のサービス化で成長を果たすという計画である。

 特に日本では震災以降、ストレージやBCPのニーズが高まっており、VNX、VMAXなどの企業向けストレージに力をいれるとともに、買収をおこなったGreenplumや「Isilon(アイシロン)」および「Atmos(アトモス)」の販売を強化する。

 また、高まるビッグデータのニーズへの新たな取組として、「ビッグデータ推進のための人材育成支援」事業をおこなうと語った。これは、従来のITのスキルに加えて、データ・サイエンティスト、クラウド・アーキテクトなどのスキルを加えたもので、近くその支援プログラムの提供を開始するという。



EnterpriseZine編集部[著]

■関連記事

ビッグデータと既存データを統合したエンタープライズ基盤の構築を - 日本テラデータ 金井氏[2012年02月21日]

日立ストレージ事業の新機軸とクラウド事業の強化ポイントとは[2012年02月20日]

NECが「ビッグデータ戦略プロジェクト」を立ち上げ、ビッグデータビジネスに注力[2012年02月13日]

2012年は「インスタント社会」へのパラダイムシフトが起きる[2012年01月19日]

マスタデータの管理ができていなければ、アプリのリプレースは無意味[2012年01月13日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング