Amazon RDS for Oracleインスタンスの作成

EnterpriseZine / 2012年2月15日 0時0分

年明け早々にRDSの料金体系が新しくなりましたね。原稿作成後の変更だったので筆者が説明した内容がやや古くなってしまいましたが、より安価になる料金体系の変更ですので皆さんも安心して利用を始めることができると思います。さて2回目の内容は「インスタンスの作成」です。初回の内容はAWS RDS for Oracleのサービス内容と料金体系で終わってしまいましたが。。今回は「インスタンスの作成」についてご説明します。とても簡単ですので「えっこれだけー」と思う人が多いと思われますが、実作業でも1時間もかかりませんのでぜひお試しください。

■RDS for Oracleインスタンスの作成

 AWSにログインして「Amazon RDS」タブをクリックしてRDSのコンソールを開きます。

 RDSを起動する地域の選択を「Navigation」ペインの「Region」ドロップダウンリストから「Asia Pacific(Tokyo)」を選択します。

 

 RSD Dashboad画面の「Launch DB Instance」ボタンをクリックして起動できるインスタンスの種類を表示します。

 表示された利用可能なデータベース・インスタンスから起動したいインスタンスの「Select」ボタンをクリックします。

 以降、ウィザード形式でインスタンス起動までの設定をインタラクティブに行います。

 データベース・ライセンスが料金に含まれるサービスLI(License Included)として利用できるOracle DatabaseはStandard Edition Oneしかありませんのでここでは「oracle-se1」を選択します。


二階堂隆[著]

■関連記事

データベースの災害対策はバックアップだけで万全か? ―1月の人気記事[2012年03月05日]

Amazon RDS for Oracleインスタンスの終了[2012年02月29日]

Amazon RDS for Oracleインスタンス作成後に必須なセキュリティ設定[2012年02月27日]

日本クエスト・ソフトウェアがデータ保護の新製品「NetVault FastRecoverバージョン4.5」など発表。パートナーセミナーでその概要を公開。[2012年02月17日]

第4回 TimesTenのチューニング[2012年02月06日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング