Amazon RDS for Oracleインスタンスの終了

EnterpriseZine / 2012年2月29日 0時0分

最終回となる今回は「インスタンスの終了」という内容で説明したいと思います。RDSのOracleの起動・停止は、通常のOracleデータベースシステムの運用と異なる点があるのでその点について説明します。

■インスタンスの終了

 RDSのDBインスタンスはシャットダウンという概念はないようです。

 起動したDBインスタンスに対して実行できるアクションは以下の通りです。

  Create Read Replica (MySQLのRDS用機能でOracleにはない)   Modify(DBインスタンスのマシンサイズ、DBストレージサイズ、DB作成時のマスタユーザのパスワード、バックアップポリシーなどの変更)   Delete(DBインスタンスの削除。停止はこのオペレーションを実行する)   Reboot(Modifyで設定した値を任意のタイミングで反映させたい場合など)   Take Snapshot(DBのスナップショットを作成する)   Restore To Point In Time(任意の時点にDBの状態を戻す)

 DBインスタンスの停止はDeteleオペレーションで実行します。 停止したいDBインスタンスのチェックボックスをチェックして「Delete」リンクをクリックします。

 次回の起動を停止前の状態から行うためにスナップショットを取得。

上記の例では「DBインスタンス名-日付」のスナップショットを作成。

以下Delete中の画面です。


二階堂隆[著]

■関連記事

データベースの災害対策はバックアップだけで万全か? ―1月の人気記事[2012年03月05日]

Amazon RDS for Oracleインスタンス作成後に必須なセキュリティ設定[2012年02月27日]

日本クエスト・ソフトウェアがデータ保護の新製品「NetVault FastRecoverバージョン4.5」など発表。パートナーセミナーでその概要を公開。[2012年02月17日]

Amazon RDS for Oracleインスタンスの作成[2012年02月15日]

第4回 TimesTenのチューニング[2012年02月06日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング