第2回 データベースモデリングのためのEclipseプラグイン

EnterpriseZine / 2012年3月8日 0時0分

テストデータの作成

本連載では、Eclipseをデータベース開発ツールとしての側面から取り上げています。第2回となる今回はデータベースの設計時に利用可能なモデリングツールついて詳しく紹介したいと思います。

■OSSのERモデリングツールの決定版「ERMaster」 URL:http://ermaster.sourceforge.net/index_ja.html  更新サイト:http://ermaster.sourceforge.net/update-site/  ライセンス:Apache License 2.0  最新バージョン:1.0.0

 ERMasterはオープンソースのERモデリングツールの中でも最も高機能と思われるツールの1つです。

 Eclipse上でグラフィカルにER図を作成し、ER図からDDLを生成できたり、既存のデータベースからリバースエンジニアリングでER図を作成できるのはもちろんのこと、ドキュメントとして必要な情報を入力することができたり、テーブル定義をExcelファイル(Excelファイルのフォーマットはカスタマイズすることも可能)やJavadoc風のHTMLとしてエクスポートすることができるなど業務で利用することを強く意識した機能が多く搭載されているのが特徴です。
ERMaster ERMasterで生成したExcelドキュメント

 また、テーブル名やカラム名を自動的に論理名に翻訳する機能を備えています。変換用の辞書はカスタマイズすることもできます。特にリバースエンジニアリング機能で大量のテーブルをインポートした場合に論理名を入力する手間が省けるので便利です。

 ERMasterではテスト用のデータを管理することもできます。データは表形式で入力することができ、作成したデータはSQLのINSERT文としてエクスポートすることができます。
テストデータの作成

 このように、ERMasterはオープンソースのツールでありながら非常に機能が豊富です。またドキュメントも充実しており、日本語と英語の両方で詳細な利用方法が記載されたマニュアルが用意されています。Eclipse上で利用可能なオープンソースのERモデリングツールとしては一押しのプロダクトです。


竹添直樹[著]

■関連記事

32コアまでならリニアにスケール! 今度のPostgreSQL 9.2はかなりスゴイ!?[2012年04月02日]

MongoDB、EMC、Microsoft…、ビッグデータ界隈があいかわらず騒がしい年度末[2012年03月27日]

DBプロ集団のインサイト・テクノロジーが元気だ![2012年03月19日]

MySQL InnoDBストレージエンジンのチューニング(後編)[2012年03月16日]

Microsoft SQL Server 2012がついに登場! 国内での提供開始もそろそろ発表に[2012年03月13日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング