IBMがビッグデータ関連の最新技術、事例を一挙に公開するカンファレンス「Information On Demand Conference Japan 2012」を開催

EnterpriseZine / 2012年3月7日 15時0分

 日本IBMは4月17日(火)、同社のデータマネジメント系の技術とビジネスに関するカンファレンス「Information On Demand Conference Japan 2012」を開催する。DB2の最新バージョンの紹介をはじめ、ビッグデータ関連の事例やソリューションを一挙に公開する。

 

 日本IBMは4月17日(火)、同社のデータマネジメント系の技術とビジネスに関するカンファレンス「Information On Demand Conference Japan 2012」を開催する。

 今回はDB2の最新バージョンの紹介をはじめ、BAO(ビジネス・アナリティクス・アンド・オプティマイゼーション)、ビッグデータを有効活用するためのIBMの先進テクノロジーが発表されるとともに、ユーザー企業の事例もふんだんに紹介される。

 超高速データベースエンジンなど大規模データ処理技術の国内第一人者である東京大学生産技術研究所 教授の喜連川優氏、米IBM Corporationのバイス・プレジデントのInhi Cho Suh氏の基調講演の他、午後は、IT部門、経営戦略・マネジメント、マーケティング、ガバナンス・セキュリティなどの各層を対象に、7トラック35セッションで、ビッグデータ関連の事例やソリューション、IBMのデータベース製品「DB2」の最新バージョン、ITインフラやビジネス基盤に関する事例やソリューションが紹介される。

 ・概要

 Information On Demand Conference Japan 2012

 日時2012年4月17日(火曜日) 10時~18時15分(受付開始 9時20分)

 主 催 : 日本アイ・ビー・エム株式会社

 会 場 : ザ・プリンス パークタワー東京 東京都港区芝公園4-8-1

 参加費 :無料(事前登録制)

 申込み : http://www.ibm.com/software/jp/data/events/iodc2012/?REF=E56

 ・イベント構成 :

 午前:基調講演+特別講演

 午後:分科会セッション(35講演)

 展示・デモコーナー(9時20分~18時15分)

 ・問い合わせ :

 IBMアクセスセンター

 Tel: 0120-300-426

 受付時間 9時30分~17時30分(土曜・日曜・祝日を除く)



EnterpriseZine編集部[著]

■関連記事

企業が抱える膨大な情報の基盤構築を"ジャストメソッド"で - ジャストシステム・菊地氏[2012年03月06日]

"ビッグデータ"をバズワードで終わらせないために - 日立製作所・山口氏×野村総合研究所・鈴木氏[2012年03月05日]

ビッグデータと既存データを統合したエンタープライズ基盤の構築を - 日本テラデータ 金井氏[2012年02月21日]

日本クエスト・ソフトウェアがデータ保護の新製品「NetVault FastRecoverバージョン4.5」など発表。パートナーセミナーでその概要を公開。[2012年02月17日]

NECが「ビッグデータ戦略プロジェクト」を立ち上げ、ビッグデータビジネスに注力[2012年02月13日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング