ビッグデータ活用以前? 日本企業は"データは資産"と認識せよ! - 谷熊対談スペシャル

EnterpriseZine / 2012年3月26日 0時0分

1月23日に東京・ベルサール九段で開催されたDBOnline初の冠イベント「IT Initiative Day 2012 - ビッグデータ時代のビジネス戦略」は荒天にもかかわらず満員御礼、ビッグデータに対する現場の方々の関心の高さをあらためて実感します。本稿では当日の5つのセッションのうち、最後に行われたパネルディスカッション「DBオンライン: 谷熊対談スペシャル 2012年ビッグデータ活用の展望」の模様をお伝えします。我らがチーフキュレーターの谷川耕一氏とアイ・ティ・アール リサーチ統括ディレクターでシニア・アナリストの生熊清司氏が、2012年の国内ビッグデータビジネスのリアルな現状を語り尽くす!?

■データ分析が苦手な日本企業がなぜビッグデータに群がるのか? 生熊 「ビッグデータに注目が集まるのは ビジネスがうまくいっていないから」

 谷川: ここまでのセッションでは、ビッグデータをテーマにさまざまなビジネスの可能性を探ってきました。ですが、あえてこの対談では「ビッグデータは本当にバズワードから活用するシーンに突入したのか?」を取り上げてみたいと思います。というのも、ビッグデータという言葉がブームになればなるほど、現実とは大きく乖離しているのではと感じるんですね。ビッグデータに取り組む前に、そもそもデータを活用するということに真剣に取り組んできた企業はあまり多くないんじゃないかと。これまで蓄積してきたデータはどう扱ってきたのか? という疑問が残るのですが。

 生熊: 非常に残念ですが、私が見る限り、多くの企業は「情報系/分析計のシステムには来年は必ず投資する」と言いながら、その率はなかなか上がっていません。たとえばすこし前にブームになったBIの場合ですが、「BIを使ってよかったと思いますか?」という質問をしても、自信をもって「満足している、うまくいっている」と応えられる企業は1割にも満たないのではないでしょうか。正直、データ活用に関してうまく行っている企業は非常に少ないのが実態だと思います。

 JSOXやIFRSなどがブームになったときは、日本企業もそれなりに投資をしてきましたが、BIなどの分析系に対しては以前から投資の伸びがついてこない。ではなぜ、いま"ビッグデータ"に注目があつまっているのか。それはビジネスがうまくいってないことが最大の理由だと思います。モノが売れないだけでなく、いままでうまくいってたビジネスがどんどんダメになっていく。顧客のニーズを正しく捉まえることができていないと企業が気づき始めたんですね。グローバル化、不況、デフレなど、ビジネスを阻害する要因はいくつもありますが、とくに「KKD(カン、経験、度胸)が働かない」「世の中のスピードについていけない」という点が日本企業の経営者を苦しめていると感じます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング