第3回 データベースのフロントエンドとして利用可能なプラグイン

EnterpriseZine / 2012年5月7日 0時0分

図2:DTPのクエリビルダ

本連載では、Eclipseをデータベース開発ツールとしての側面から取り上げています。第3回となる今回はデータベースと連携するアプリケーションを開発する際に最も頻繁に利用することになるであろう、データベースのフロントエンドとして利用可能なプラグインを紹介します。

■Eclipse標準のデータベースプラグイン「DTP」

 DTP(Data Tools Platform)はデータを扱うツールのためのプラットフォームを提供することを目的としてEclipse Foundationで開発されているプラグインセットです。様々なツールの土台として機能するよう設計されていますが、DTP自身がRDBMSのフロントエンドとして十分な機能を備えており、単独のツールとしても便利に利用することができます。
図1:DTP

 データベースのフロントエンドで最も利用する機会が多いのはなんといってもSQLの編集・実行でしょう。DTPはコード補完が可能なSQLエディタに加え、グラフィカルにSQLを作成可能なクエリビルダを備えています。また、テーブル内のデータを表形式のエディタで直感的に編集することも可能です。
図2:DTPのクエリビルダ

 DTPは最大の特長はEclipse標準のプラグインであるという点です。Eclipse.orgで提供されている「Eclipse for JavaEE Developers」などのパッケージであればデフォルトでDTPが組み込まれているためすぐに利用することができます。

 また、最近では特定のデータベースやフレームワークに特化したEclipseプラグインなどもDTPをベースに構築される例が多く、それらのプラグインを利用する場合にもDTPが必須となります。


竹添直樹[著]

■関連記事

MySQL事始 ストレージエンジン(3) 各種のストレージエンジン[2012年05月09日]

PostgreSQLをミッションクリティカルなシステムに!IT企業10社が結集[2012年04月18日]

32コアまでならリニアにスケール! 今度のPostgreSQL 9.2はかなりスゴイ!?[2012年04月02日]

MySQL InnoDBストレージエンジンのチューニング(後編)[2012年03月16日]

MySQL InnoDBストレージエンジンのチューニング(前編)[2012年03月09日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング