ルールマネジメントでビジネス価値をつくるWebSphereの新バージョン--IBMがImpact 2012で公開

EnterpriseZine / 2012年5月2日 0時0分

米ラスベガスで開催されているIBMのImpact2012。現地時間5月1日 Day2のキーノートでは、意思決定やルールマネジメントを包括したBPM製品WebSphereの新バージョンが発表された。

■ルールマネジメントによるビジネスの基盤 Master Card社 Johan Gerber氏

 現地時間の5月2日、Day2のゼネラルセッションは司会のKatie Linendollの軽快な語りで始まった。Katie LinendollはCNNなどのコメンテーターでギークっぽいキャラクターで知られ、エミー賞も受賞している女性。

 彼女の紹介で初めに登壇したのは、Master CardのJohan Gerber氏。開口一番に彼は自社に対する一般のイメージを覆すべく、こう語る。

 「マスターカードはクレジットカードを発行している会社ではなく、数多くのビジネスと消費者をつなぐ先進的な決済機能の会社。決済の1件の処理時間は130ミリ秒以下、秒あたり膨大な情報が流れ、バックアップ、セキュリティ、データ管理は非常に強力。このパワフルなプラットフォームを支えているために採用しているのがWebSphereだ」(Johan Gerber氏)

 たとえば、カードの決済における不正の検知。クレジットカードを機械にかけた瞬間に詐欺を検知し、対応するためには膨大なルールとイベントを結合した判断処理が必要となる。今回、IBMが発表するBPMソリューションの強化ポイントが、この「ルールマネジメント」であり、IBMがILOG社を買収し、WebSphereに統合し強化したポイントなのだ。

■トランザクションの追求がIBMの歴史 Steve Mills SeniorVice President and Group Executive, Software & Systems, IBM

 クレジットカードの決済の信用基盤を支えるために、Master CardはIBMをテクノロジーパートナーとして選んだ。その理由は、金融分野での決済の信頼をIBMが歴史的に培ってきたことにあるだろう。続いて登壇したシニアバイスプレジデントのSteve Mills氏は、こう語る。

 「IBMは100年の歴史を通じて、トランザクション処理にこだわってきた。なぜならトランザクションには、経済の価値がともなうからだ。処理のプロセスをいかに効率的におこなうか、トランザクションに失敗した時にどのようにリカバリーするか。クリティカルな処理にはミスが許されない。金融をはじめ世界の経済インフラを実現しているのはIBMだ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング