日本IBMが企業のモバイル活用を支援するソフト「IBM Mobile Foundation V5.0」「IBM Worklight V5.0」を発表

EnterpriseZine / 2012年5月17日 0時0分

日本IBMは5月17日、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を支援するため、「IBM (R) Mobile Foundation V5.0」「IBM Worklight V5.0」を発表した。

 

 日本IBMは5月17日、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を支援するため、(1)モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境、(2)クラウドや基幹システムとのデータ連携、(3) アプリケーションやモバイル端末のセキュリティーと管理 の3つの機能を統合したソフトウェア製品「IBM (R) Mobile Foundation V5.0(以下、Mobile Foundation)」、および、(1)の機能を個別に提供するソフトウェア「IBM Worklight V5.0(以下 Worklight)」を発表した。

 Mobile Foundationの使用料金は12,814,500円(税別)~、Worklightは 4,955,900円(税別) で、日本IBMおよび日本IBMのビジネスパートナーから販売し、6月16日からダウンロードにより提供を開始する。

 Mobile Foundationは、以下3つの主要な機能を備えている。

 (1)モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境

 オープンソースの開発統合環境であるEclipseを基盤とした開発環境を提供し、開発者はオブジェクト指向スクリプト言語であるJavaScriptやWebページ向けのマークアップ言語であるHTML5などのオープンな開発言語によってプログラミングが可能。一つのプログラム・コードから、オペレーティング・システム(OS)や画面のサイズが異なる複数種類のモバイル端末向けのアプリケーションが生成されるため、複数種類のモバイル端末を活用する際も効率的なアプリケーション開発が可能。対応するモバイル端末向けOSは、iOS、Android OS、BlackberryおよびWindows Phone。

 (2)クラウドや基幹システムとのデータ連携

 モバイル端末活用にあたり新規に構築したモバイル・アプリケーションを既存の基幹業務アプリケーションやクラウドサービスに連携するためのソフトウェアを提供。アプリケーション連携においては、一般的に数ヶ月かけて連携プログラムを開発するが、新製品により、数日で連携できる。また、基幹システム側の更新を、プッシュ通知機能を利用してモバイル端末に通知できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング