Integration Services に導入されたプロジェクト配置モデル

EnterpriseZine / 2012年6月7日 0時0分

こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。今回はIntegration Servicesの新しい機能についてご紹介します。

■プロジェクト配置モデルの導入

 こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。今回はIntegration Servicesの新しい機能についてご紹介します。 SQL Server 2012のIntegration Services(以下 SSIS)では新しくプロジェクト配置モデルが導入されました。これは簡単にいってしまえば配置の単位がいままでのパッケージ単位からプロジェクト単位となるものですが、それだけではなくプロジェクト配置モデルを使用することで次のような機能を使用することが可能となります。これらの機能について今回と次回にわたってご紹介したいと思います。
パラメータープロジェクト レベルとパッケージ レベルのパラメーターを定義することができ、パラメーターの値をパッケージのプロパティに割り当てることが可能です。接続マネージャー                接続マネージャーをプロジェクトレベルで定義することが可能です。環境と環境変数環境は複数の変数を定義でき、定義した変数はパッケージ実行時にプロジェクトレベルやパッケージレベルの変数に割り当てることが可能です。SSISDBカタログプロジェクト配置モデルを使用した場合、パッケージなどのオブジェクトの格納先です。パッケージ実行時のイベントやパフォーマンスに関する情報も格納されます。

坂輪貴行[著]

■関連記事

SQL Server2012のパフォーマンスと可用性を最大化するストレージ技術[2012年06月29日]

データベースを高速化するフラッシュ技術の多様化[2012年06月27日]

「ビッグデータをなんとかしたい!」―現場のリクエストを吸い上げるプロダクトマネージャーの仕事[2012年06月22日]

不具合の原因を突き止めろ!SQL Server探偵はロジカルシンキング優良児―マイクロソフト 古賀 啓一郎さん[2012年06月13日]

あまり知られていないSQL Server 2012の機能強化点 (後編)[2012年05月28日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング