ビジネスを変革するソフトウェア主導のイノベーション ―IBM Rational「Innovate 2012」レポート

EnterpriseZine / 2012年6月6日 9時14分

写真:ソフトウェア・デリバリーの加速はビジネス成功のカギ

2012年6月3日から6月7日の5日間にわたって、IBMの年次カンファレンス「Innovate 2012」が米オーランドで開催されている。「Innovate 2012」は、世界中のIBM Rationalソフトウェアのユーザーやパートナーが米オーランドに一堂に集まり、Rationalが提供する最新のソフトウェア開発ソリューションとその関連情報を幅広く紹介するイベントだ。今年は、「Next Now!(次にあるべき姿を今ここで)」をテーマに掲げ、世界各国から4000名以上の参加者が集まった。初日のキーノートの模様をレポートする。

■ソフトウェア・デリバリーの加速はビジネス成功のカギ―統合、コラボレーション、最適化

  グローバル経済の台頭や次々に登場する新しい技術やサービスの登場に伴い、企業を取り巻くビジネス環境やマーケットが激変している。企業がこうしたビジネス環境の変化に対応し、企業競争力を高めていくためには、あらゆる面でのスピード向上やイノベーションが欠かせない。

 なかでも、ITが企業活動やビジネスのエンジンとして不可欠な存在になっている今、「ソフトウェア」がビジネスの成否に直結する重要な役割を担っている。いわば、ソフトウェアの開発スピード、生産性、品質、信頼性、性能の向上に取り組むことは、グローバルマーケットの変化に即応し、高い競争力とイノベーションを求める企業にとって最優先で取り組まなければならない重要課題となっている。

 2012年6月3日より5日間にわたって、米国フロリダ州オーランドで開催されているIBMの年次カンファレンス「Innovate 2012」。本カンファレンスの会場となる「Walt Disney World Swan and Dolphin Hotel」には、Rationalソフトウェアのユーザーやパートナーなど世界各国から4000名以上の参加者が集結し、会場は熱気に包まれている。
写真:IBMミドルウェア・ソフトウェア担当 シニア・バイス・プレジデント Robert LeBlanc氏

 「世界中の多くのCEOにとって、テクノロジー駆動のビジネスモデルがビジネスや企業成長のカギだと感じているという調査結果が出ている。テクノロジーがあってこそ、あらゆるビジネスの課題が解決できる。しかし、テクノロジーのためのテクノロジーはビジネスに何も影響を与えない。次世代の製品とサービスにイノベーションを起こすためには、まず自分自身がチャレンジし、顧客にとってどのような価値を提供できるか考える必要がある」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング