バックアップは「100年に一度の災害」ではなく「日々の業務」への備え

EnterpriseZine / 2012年6月25日 12時0分

データのバックアップとリカバリのための先進的なソフトウェア製品で知られるアクロニスでは、毎年「アクロニス世界障害復旧評価指標」と呼ばれるレポートを発表している。最新のレポートでは、2011年9月~10月に世界18カ国の従業員1,000人以下の企業、約6,000人のIT管理者を対象にアンケート調査を行い、その結果をさまざまな角度から分析するとともに、各国別のランキングや傾向の違いも掲載されている。「企業の情報資産」は毎年肥大化、複雑化しているが、その管理は適切にされているのか?このレポートでは、各企業のバックアップやリカバリに関する意識とその実施状況をまとめている。詳細はこちらからチェックすることができる。

 データのバックアップとリカバリのための先進的なソフトウェア製品で知られるアクロニスでは、毎年「アクロニス世界障害復旧評価指標」と呼ばれるレポートを発表している。最新のレポートでは、2011年9月~10月に世界18カ国の従業員1,000人以下の企業、約6,000人のIT管理者を対象にアンケート調査を行い、その結果をさまざまな角度から分析するとともに、各国別のランキングや傾向の違いも掲載されている。「企業の情報資産」は毎年肥大化、複雑化しているが、その管理は適切にされているのか?このレポートでは、各企業のバックアップやリカバリに関する意識とその実施状況をまとめている(*)。

 同レポートによると、日本は調査対象国の中で、障害復旧に対する意識、信頼度が3番目に高いという結果が出ている。これは、2011年3月に発生した東日本大震災の対応で培った自信や意識の高さを反映していると思われるが、その一方で日本企業から寄せられた回答だけを集計した結果を見ると、まだまだ多くの点で課題が残っていることも浮き彫りになっている。

 企業システムのバックアップや障害対策を考える上で、非常に示唆に富む情報が多く掲載されている同レポートだが、今回その内容について、S&Jコンサルティング 代表取締役 三輪信雄氏と、アクロニス・ジャパン セールスエンジニアリングディレクタ 吉田幸春氏、アクロニス・ジャパンのマーケティングディレクタ 今村康弘氏の3人が、さまざまな角度から読み解きながら、対談形式で闊達に語り合った。

 ちなみに三輪氏は、2007年まで大手セキュリティベンダーであるラックの代表を務め、現在は自らが設立したS&Jコンサルティングを率いて、セキュリティコンサルティング業務を手掛けている。そんな同氏からは、セキュリティの専門家ならではの独自の視点から、斬新な意見や提言が相次いだ。以降で、この対談の内容をかいつまんで紹介する。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング