DB2、基本の「き」-コマンド環境を使ったインストールから手動セットアップまで。

EnterpriseZine / 2012年8月2日 10時30分

皆様こんにちは。今回よりDB2の連載がスタートとなりました。この連載では初心者ネタから中上級者向けネタまで、ゆる~く、気の向くままに様々な話題を取り上げて、DB2の魅力を皆様にお伝えしたいと思います。今回、まずはDB2に触ってみようという事でインストール方法についてご紹介します。使用するのは無償で使えるDB2、「DB2 Express-C」です。

 DB2 Express-Cとは無償で使用できるDB2のエディションです。機能は小規模環境向けのDB2 Express Edition for Linux and Windowsとほぼ同等の機能が提供されており、Windows, Linux, Solaris(x86), Mac OSX 版が用意されています。商用利用も可能ですが、IBMからのサポートは提供されません。QAが必要な場合はWebコミュニティーのフォーラム「IBM DB2 Express Forum」が開設されているのでそちらを利用することができます。

■DB2インストール要件の確認

 さて、インストール環境はUbuntu 10.04を試します。

 DB2がサポートするLinux環境はこちらのURLに掲載されていますので事前に確認します。

 DB2の動作環境の確認については、製品のホームページではなく、最新かつ詳細まで確認可能なマニュアルからのリンクを確認する事をお勧めします。

 DB2 Version 10.1 for Linux, UNIX, and Windows データベース製品のインストール要件

 リンク先を確認すると、Ubuntuの導入前提条件としてlibaio1, ksh, libstdc++6-4.4-dev, libstdc++6-4.4-picのパッケージの導入が必要とありますので、
sudo apt-get install libaio1 ksh libstdc++6-4.4-dev libstdc++6-4.4-pic

 で導入しておきます。

■DB2 Express-Cのダウンロード

 DB2 Express-Cはこちらよりダウンロードできます。ここでは Linux x86 (32bit)版をダウンロードします。ダウンロードにはIBM IDが必要です。(IBM IDをお持ちでない方は事前に登録しておいてください)

 次の画面ではライセンスの確認を行います。「I agree」をチェックし、「I confirm」をクリックして次へ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング