【Excelデータ分析講座】4-2 テーブルによる営業成績分析~テーブル編

EnterpriseZine / 2012年8月31日 7時0分

多数の営業担当者の営業成績から、いろいろな条件で表彰者を選抜する場合、条件に応じてデータを並べ替え、上位者を見つけ出す必要があります。これは、ランキングと呼ばれるごく初歩的なデータ分析の一つです。今回は、テーブル機能を利用したランキング分析を行い、営業担当者の成績データから表彰対象者を見つけ出します。

■売上高上位者を選ぶ

 テーブルとして作成済みの以下のような営業成績データから、ランキング分析を行います。

 表彰対象者の条件は以下の3つとします。
売上高実績の全国上位10%
目標達成率の全国上位10人
地位ごとの目標達成率1位

 1、2、3の順番で表彰対象者を決定していき、複数の条件で対象となった営業担当者は最初の条件での表彰とします。

 まず表彰者リストを作成するための列を準備します。

 最初に、売上高実績の金額が全国で上位10%に含まれる営業担当者を見つけ出します。

平井 明夫[著]

■関連記事

【Excelデータ分析講座】4-3 テーブルによる在庫回転率分析~テーブル編[2012年09月19日]

もし2020年にビッグデータ活用レストラン“ホットスタンバイ”が登場したら?ビッグデータ活用の可能性と課題[2012年09月18日]

【Excelデータ分析講座】4-1 テーブルの基本操作~テーブル編[2012年08月08日]

IT部門と事業部門の共同でビッグデータ活用に取り組め――米ガートナーリサーチ ジェイミー・ポプキン氏[2012年07月31日]

【Excelデータ分析講座】3-4 分析ツールによる事業計画~分析ツール編[2012年07月23日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング