【Excelデータ分析講座】4-3 テーブルによる在庫回転率分析~テーブル編

EnterpriseZine / 2012年9月19日 7時0分

セル範囲F2からF20 の左端に信号機アイコンが表示された。

在庫の効率性を分析する際に使用される代表的な指標に在庫回転率があります。特に在庫量の大きい製品については在庫回転率を定常的に監視して、不良在庫が発生しないようにしなければなりません。今回は、テーブル機能を利用して、最初に在庫回転率を計算します。次に、在庫量の大きい製品をランキング分析の一種であるABC分析を行い、定常的に在庫回転率を監視する必要のある製品を決定します。

■在庫回転率とは

 在庫回転率とは、在庫の効率性をあらわす指標で、一定期間(1年、半期、四半期、ひと月など)に在庫が何回入れ替わったかを示します。回転率が大きいほど、在庫の入庫から販売による在庫の出庫までの期間が短く、在庫管理が効率的に行われていると言えます。逆に、回転率が小さいほど、在庫が倉庫にたまっている状態が長く、倉庫費などの保管料がかかる上、売れ残りのリスクが高くなっていることになります。

 ただし、在庫回転率は業種や製品などによって傾向が異なりますので、例えば消耗品と耐久品を単純に比較することはできません。在庫回転率を比較する際には、その商品の特徴や売れ方を十分に考慮する必要があります。 在庫回転率は、以下の計算式で求めることができます。

 売上原価は、在庫回転率を求める対象となる期間内に販売された商品の売上原価の合計値です。平均在庫高は、期初(対象となる期間の最初)の在庫高と期末(対象となる期間の最後)の在庫高の平均値です。

平井 明夫[著]

■関連記事

ビッグデータ分析による"人間理解の深化"がビジネスを加速させる―トランスコスモス・アナリティクス 萩原雅之氏インタビュー[2012年10月04日]

もし2020年にビッグデータ活用レストラン“ホットスタンバイ”が登場したら?ビッグデータ活用の可能性と課題[2012年09月18日]

【Excelデータ分析講座】4-2 テーブルによる営業成績分析~テーブル編[2012年08月31日]

【Excelデータ分析講座】4-1 テーブルの基本操作~テーブル編[2012年08月08日]

IT部門と事業部門の共同でビッグデータ活用に取り組め――米ガートナーリサーチ ジェイミー・ポプキン氏[2012年07月31日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング