実際にDATABASE.COMを使ってみよう

EnterpriseZine / 2012年9月20日 0時0分

前回は、Salesforce.comが提供しているクラウドのデータベースサービスdatabase.comとはいったいどんなものなのかを紹介しました。今回は、実際にアカウントを取得して、ログインしてdatabase.comを使ってみましょう。

●アカウントの登録

 database.comを使用するためには、まずはアカウントの登録から始めます。database.comは前回紹介したように無料で使用できますが、利用にはアカウントの登録が必要となります。アカウントの登録のためにはhttp://www.database.com/jp/howitworks/openにアクセスして、右上にある「ログイン|サインアップ」ボタンにある「サインアップ」のほうをクリックしてください。

 「database.comで開発を始める」という、アカウント情報入力の画面が表示されます。ここに名前、メールアドレス、会社名、国などの情報を入力します。そして、database.com ユーザー名も決めて登録します。名前や会社名を漢字で入力してみたところ、「有効な名を入力してください」と警告が出てしまいました。なので、アルファベットで入力することに。ここは、皆さん注意してください。最後は画像認証です。画像で表示される2つの単語を入力します。私はこれに、いつも苦労します。

 入力が終わったら、「主登録契約」と「database.com利用規約追補」の内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れます。

 これで無事に登録ができました。無事に登録完了できると、メールが2通届きます。その内1通はパスワード登録画面へのURLが記載されていますので、記述されているURLをクリックして登録画面を表示します。

●パスワードの登録画面

 パスワードの登録画面自体は、Force.comのパスワード登録画面と同じ項目を入力する形ですね。

●database.comへログイン

 パスワードの登録が完了すると、database.comの画面が表示されます。

 最初の状態では言語の設定が「英語」になっているため、これを日本語に変更します。もちろん、英語のままでも問題ない方は、ここは読み飛ばしても問題ありません。サイドメニューから【Personal Setup】→【My Personal Information】→【Personal Information】と選択してください。

 【Local Settings】の【Language】を「日本語」に変更して保存します。この時、合わせて【Time Zone】や【Locale】も日本の設定にしておきましょう。

 これで、日本語の環境になります。日本語に変更した後のメニュー画面は以下のようになります。

海野 幸成[著]

■関連記事

Dreamforce 2012、日本からの参加者はこのイベントをどう見たのか[2012年10月04日]

クラウドデータベースのdatabase.comっていったいどんなサービスですか?[2012年09月13日]

週報アプリで会議時間を削減しよう[2012年09月12日]

いま注目のFusion-ioの速さの理由 [2012年08月30日]

Adobe流、ビッグデータ「分析」から「施策」を導く仕組み[2012年08月30日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング