モバイルペイメントは離陸するか?国内市場の現状を先行企業に聞く

EnterpriseZine / 2012年10月30日 7時0分

これからの展開

Android 2.3.3によるサポートがきっかけとなり、昨年国内でも大いに盛り上がりを見せていたNFC(Near Field Communication)。日米欧の通信キャリア、金融機関、クレジット会社等がスマートフォンによるモバイル決済システムの開発を進めている。盛り上がりから一年近く経過したが、街中でモバイルペイメントが利用できるシーンはまだ少ない。実際にNFCビジネスを手掛ける企業にインタビューを行った。

 Android 2.3.3によるサポートがきっかけとなり、昨年国内でも大いに盛り上がりを見せていたNFC(Near Field Communication)。日米欧の通信キャリア、金融機関、クレジット会社等がスマートフォンによるモバイル決済システムの開発を進めている。

 国内でも、金融機関として初めて、三井住友カード株式会社がNFCを利用した決済サービス、Visa payWaveおよびMasterCard PayPassを、2013年度前半を目処に始めることを発表した。矢野経済研究所の調査によれば、2011年度のNFC搭載スマートデバイスの出荷台数は2175万台。2012年度には3180万台の出荷予測となっている。

 数値だけを見れば急速な普及を期待されるNFCだが、実際のビジネスの現場ではどのように見ているのか?今回はNFCを中心とした決済サービスの実情について、国内でオンライン決済事業を展開するGMOペイメントゲートウェイ、海外決済市場を展開するペイパル、NFCを活用したトータルソリューションを提供する凸版印刷の三社に話をうかがった。

■国内オンライン市場の現状

 まず、国内オンライン市場を推進するGMOペイメントゲートウェイ 企業価値創造企画室にお話をうかがった。 

―国内の決済市場のトレンド等についてお聞かせください。

 まず「モバイルペイメント」の定義の問題が根本にあります。当社のビジネスは非対面での決済処理を行うサービスです。スマートフォンでの対面と非対面の境界は、決済に使うスマートフォンが自分の物か、店舗側の物か、という一線です。

 その意味で、あくまで当社なりの理解ですが、巷で沸き立っていたPayPal Hereについては、店舗側のスマートフォンで決済されるわけですから、当社としては対面決済と認識しており直接競合するものではないと認識しております。市場規模は対面決済が巨大ですが、成長率では非対面決済が伸びると考えています。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング