日本人としての特性を踏まえた21世紀のキャリア論-慶應義塾大学大学院 高橋俊介特任教授インタビュー(第4回)

EnterpriseZine / 2013年1月31日 8時0分

写真1:慶應義塾大学大学院 高橋俊介特任教授

前回は、企業の人材育成機能のあるべき姿を解説いただきました。今回は、日本人の特質を踏まえて、会社と個人の関係性の変遷などを振り返りながら、日本人に適した21世紀のキャリア論を解説いただきます。今回でインタビュー記事は終了となります。第1回記事はこちら、第2回記事はこちら、第3回記事はこちらです。あわせて、お読みください。

 事業創造を成功に導く「顧客開発モデル」    「スタートアップマニュアル」原著者 スティーブン・G・ブランク 来日セミナー    

リーンスタートアップの源流である「顧客開発モデル」という手法を体系化した、S.ブランク氏を招聘し、最新刊『スタートアップ・マニュアル』に基づく理論と実践手法を紹介します。日本での企業内事業創造、ベンチャースタートアップの第一人者が共演。

 

  ■日時:2013年3月19日(火)13:00~17:50(開場12:30~)

  ■場所:アイビーホール(東京・表参道)

             ■詳細・お申込は、こちら!

■損害回避志向が高く、慎重性の低い日本人

 日本では学び直しのために大学や大学院に入学すること以外にも、転職でさえリスクのある行為だとみなされる傾向にあります。独立もそうです。日本人は全体的に「損害回避志向」が強まっています。それにも関わらず「慎重性が低い」。これが日本人のよくないところです。

 損害回避志向が高いというのは、損害を受けるのが嫌ということです。一方の慎重性というのは、「もしこれをすればこういう結果になるかもしれない。だからここでリスクヘッジをしよう」という考えです。中国人は慎重性が凄く高い。最低でも2社以上から内定を貰わないと辞表は出さない。あるいは、子供が何人かいたら、色んな国に分散させて国籍を取らせたりします。国がおかしくなったときに、どこに逃げるかをいつも考えているのです。これが慎重性です。

 個人差も大きいですが、日本人はもともと慎重性が非常に低いと言えます。だから、脇が甘いので、海外ですぐにスリに狙われる。慎重性が低いと、万が一のことを考えてリスクヘッジをするのが面倒になるからです。それにも関わらず、損害は受けたくない。仮に、損害回避志向が強くても慎重性が高ければ、考えながらリスクヘッジを行うので問題ありません(図では2の領域)。損害回避志向が低くて慎重性が高い場合(図では1の領域)も同様です。慎重性が低くて損害回避志向も低い場合(図では3の領域)がありますが、、典型的なリスクテーカーです。ひどい目にあうことも少なくないでしょうが、とんでもないことをやらかす可能性もあります。しかし、損害回避志向が高くて慎重性が低いのは、最悪の組み合わせです(図では4の領域)。チャレンジや決断を避ける状態を作るからです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング