マイクロソフトサポートの「中の人」に会いにいった(後編)

EnterpriseZine / 2013年2月4日 0時0分

サポートエンジニアの3割弱が女性とのこと

前回は、日本マイクロソフトの品川本社オフィスにお邪魔して、同社のサポート業務に携わるさまざまな立場の方々にお話を伺った。さて今回は、マイクロソフトのもう1つのサポート拠点、調布市にある「マイクロソフト調布技術センター」にやってきた。マイクロソフトのオフィスが調布にあることを知らない人も多いかと思うが、実は製品サポートを担当するサポートエンジニアの大部分は、この調布オフィスで働いているのだ。

■日本マイクロソフトの調布オフィスに潜入!

 まずオフィス周囲の環境からして、品川本社とはまるで違う。本社の立地は都心のオフィス街のど真ん中、スーツ姿のビジネスマンがせわしなく行きかい、時間が猛スピードで過ぎ去っていく感じ。一方の調布オフィスは、調布駅から歩いて20分ほどの閑静な住宅街の中にあり、都会の喧騒とはまるで無縁。周囲には緑も多くて、ゆったりと時間が流れているような感じだ。

 この調布オフィスには現在、サポート部門と開発部門のエンジニア約500人ほどが働いている。服装もカジュアルな社員が多く、品川本社のピリッとした雰囲気とは対照的だ。で今回は、この調布オフィスでSQL Serverのサポートチームの一員として働いている社員の方3人に、日々の「調布ライフ」について話を聞いてみた。ご登場いただくのは、エスカレーションマネジャーの高山誠治さん、サポートエスカレーションエンジニアの高橋理香さん、そしてサポートエンジニアの高原伸城さんだ。

 高山さんは、SQL Serverサポートチームの現場監督に当たる人。昨年まではWindowsのサポートチームに長く在籍しており、SQL Serverのチームには4カ月前に移籍してきたばかりだそう。一方、高橋さんは入社13年目のベテランエンジニアで、入社以来ひたすらSQL Serverのサポート業務に身を捧げてきた、社内屈指のSQL Serverエキスパートだ。そして高原さんは入社6年目、こちらもずっとSQL Serverのサポート一筋でキャリアを積んできた中堅サポートエンジニアだ。

 ちなみに高橋さんと高原さん、SQL Serverのサポートエンジニアとして入社して、以来ずっとその仕事を続けているということは、マイクロソフトに入る前からもともとデータベースに詳しかったのだろうか?

 「前職は某ゼネコンの情報システム部門だったのですが、ずっとデータベースを使った開発に携わっていました」(高橋さん)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング