いかにiPhoneやBMWは機能や性能ではない「価値」を創出したのか?

EnterpriseZine / 2013年2月18日 8時0分

これまでの連載で、日本企業が生き残るために選択すべき4つの進化の方向性のうち、「ビジネスモデル」「生態系」の2つ目まで説明しました。今回は、3つ目である「価値設計」を説明します。価値設計という方向性でも、更に3つの要素がありますので、今回はその詳細を解説いたします。

 事業創造を成功に導く「顧客開発モデル」    「スタートアップマニュアル」著者 スティーブン・G・ブランク 来日セミナー    

アベノミクスが中核として据える成長戦略には、「民間投資」「イノベーション」「ベンチャー」というキーワードが多く含まれます。民間企業やベンチャーによる事業創造・戦略投資が重要だと示唆しています。事業創造を、どのように科学的なアプローチで実践するかを「顧客開発モデル」という手法で体系化したスティーブン・G・ブランク氏を招聘します。最新刊『スタートアップ・マニュアル』に基づく理論と実践手法を、日本の事業開発やベンチャーの第一人者を結集し、実践的なノウハウを提供致します。

■日時:2013年3月19日(火)13:00~17:50(開場12:30~)

■場所:アイビーホール(東京・表参道)

■詳細・お申込は、こちら!

■「機能や性能」から「体験価値」への“価値設計への転換”

 日本企業の進化の方向性の3つ目のポイントは、「価値設計」です。価値設計にも、更に詳細なポイントとして、いくつかのポイントがあります。

●1.「体験価値」による価値設計

 1つ目のポイントは、「体験価値ベースへの価値設計の転換」です。

 価値を設計する際に、今までの日本企業では、機能や性能をベースとした価値設計をすることが一般的でした。たとえば、TVやゲーム機なら画質の美しさや機能の多さ、携帯電話も音質や留守録機能など機能の多さ。自動車も同様です。モノづくりに限らず、食料品や衣服などの消費財、外食などサービス産業でも提供する商品の品質と価格、が設計の基本要素でした。

 数少ない例外は、保険商品やカウンセリング型の化粧品で、化粧品そのもののコスト・機能や保険商品の純保険料(実際に契約者が受け取れる保険金の期待値)に加えて、ビューティカウンセラーや保険のプランナーによるカウンセリングで高付加価値化し、言い換えると、それだけの価格プレミアムや付加保険料を顧客から得られていた訳です。

ベイカレント・コンサルティング 萩平 和巳[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング