新規事業開発にこそ必要な「計数感覚」とは?

EnterpriseZine / 2013年2月5日 8時0分

図3:ビジネスプランと計数計画

経営環境の激変で、新たなビジネスモデルの構築が求められています。どのようなビジネスでも、予想される成果を計数化し評価する必要があります。今回の連載は、新規事業開発に焦点を当てて、ビジネスを計数化するコツを紹介します。特に会計に苦手意識がある人にも読みやすい内容にしていこうと考えています。具体的には、経営分析、管理会計で、新規事業開発に役立つ部分を厳選し、その考え方・活かし方を紹介します。毎回の内容を復習しながら、最終回まで読んでいただければ幸いです。

 事業創造を成功に導く「顧客開発モデル」    「スタートアップマニュアル」原著者 スティーブン・G・ブランク 来日セミナー    

リーンスタートアップの源流である「顧客開発モデル」という手法を体系化した、S.ブランク氏を招聘し、最新刊『スタートアップ・マニュアル』に基づく理論と実践手法を紹介します。日本での企業内事業創造、ベンチャースタートアップの第一人者が共演。

 

  ■日時:2013年3月19日(火)13:00~17:50(開場12:30~)

  ■場所:アイビーホール(東京・表参道)

             ■詳細・お申込は、こちら!

■ビジネスパーソンに必須な「計数感覚」、特にその能力が必須の職種とは?

 経営について考えるとき、数字を使って考える能力が求められています。私は、この能力を「計数感覚」(図1)と呼んで、多くのビジネスパーソンに計数感覚を磨く必要性とその方法を訴えてきました。

 ビジネススクールで長年、会社数字に関連する講師をしてきましたが、参加者に変化があります。以前は、ビジネスパーソンとして必要なスキルを学ぶ一環で、会計を学ぼうとする人が多く、営業部門、製造部門、経理部門、人事部門など、さまざまな部門の方が来ていました。

 リーマンショック以降では、参加者の職種も一変し、経営企画部門の方が多く参加されるようになりました。特に、最近配属になり会計に関する勉強経験が少ない方が多く、経営企画に関連する能力として会計の勉強をする必要に迫られていました。

 起業を目指す人はもちろんですが、企業では新規事業開発に営業や製造部門の優秀な社員を振り向けて、スピード感のある新規事業開発を行なおうとしている様子が見えてきます。

 「計数感覚」という能力は、新規事業開発者にとって不可欠な能力ですが、「会社数字」が苦手な人が多いようです。会社数字に強い人は、経理や財務部で活躍していますが、経営戦略やマーケティングに弱い傾向があります。本連載では、起業家や新規事業開発担当者に焦点を当て、必要な知識やノウハウを整理します。全体を示しながら、基本から応用まで、重要性を勘案して順に紹介していく予定です。

千賀 秀信[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング