ユーザー企業の現場で働くDBプロは「自分が砦」の心意気!―大日本印刷 亀山潤一さん

EnterpriseZine / 2013年2月18日 0時0分

ITのスペシャリストというと表に出るのはソフトウェアベンダーやSIer所属のエンジニアが多い。ところが今回はユーザー企業に所属するデータベースのスペシャリスト、大日本印刷株式会社 C&I事業部 ITサービスマネジメント部 亀山潤一さん。ユーザー企業だと自社または顧客のためのシステムを開発・運用する立場となる。必要な機能を見極め、問題判別も行う。現場の責任を最終的に負う立場ゆえに「自分が砦である」との自負を持っている。

■Infomixの不具合の答えがオラクルのマニュアルに?―手探りの新人時代

 亀山さんは1997年入社。最初は主にInfomixを使ったシステムの設計・テストからデータベースに携わった。当時を振り返り、亀山さんは「(技術的なことは)分からずに使っていました」と話す。

 新人なら無理もない。しかし体当たりで技術を会得していく。当時β版の段階で不具合や改善要望が850件にも上り、自ら障害管理データベースを構築した。当時は現在ほど開発支援ツールが充実していなかったため、足りないものは作るしかなかったのだ。使ったのはAccessとSQL Server。この経験から一通りSQLの記述方法を理解したという。

 あるときパフォーマンスの問題に行き当たった。ある実行ファイルをテストしていると、サーバーのサービスが落ちるほどの負荷がかかることが判明した。しかしテストするたびに結果が違う。何が原因でこのような現象が起きるのか、誰も分かる人はおらず頭を抱えてしまった。

 結論としてはSQLの記載方法やデータベースの物理配置が適切ではなかったこと、またデータの断片化も起きていたのが原因だった。これをつきとめるのにどうしたか。

 「答えはオラクルのマニュアルにあったのです。……おいおい、何を言っているんだ、と思うでしょう?」と亀山さんは笑う。

 Infomixのシステムで発生した不具合の答えがオラクルのマニュアルにあったと言われれば確かに理解不能である。きょとんとしながら話を聞くと、亀山さんは「当時Infomixの資料が充実していなかったのです」と説明する。そこで比較的資料が充実していたオラクルのマニュアルから現象をつきとめようとした。それでも今のようにWebから検索できるような便利なマニュアルではなかった。紙の冊子である。しかし「基本的な機構は同じはず」と推測しながら不具合の究明と対策を探し当てたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング