マルチテナントでRACするとどうなるか?

EnterpriseZine / 2013年9月17日 13時0分

さて、前回はOracle Database 12cの目玉、というか、クラウド時代の新たなデータベースのアーキテクチャそのものでもある「マルチテナント」とは、いったいどういう仕組みになっているかについて、根掘り葉掘りOracle ACEの新久保さんと日本オラクルの近藤さんに話を訊いた。今回は、マルチテナントになったらいったいRAC(Real Application Clusters)はどうなるのか、という話題から。話は広がり、マルチテナント構成にした際にはパフォーマンス劣化があるのかないのかにまで発展。実際にマルチテナントの構成で、なおかつRACも利用したい、そう考えている人には、かなり参考になりそうなキーワードが多数登場。

■マルチテナントにするとき、RACについてはどう考えれば?

 谷川:ブレードって今は主流じゃないのかしれませんが、以前は小さめのサーバーをたくさん集約してたサーバーが集約では重宝されました。それが、Exadataが出てくるころには、ハードウェアのスペックが上がり、1台で強力なマシンが出てきた。そう考えると、マルチテナントは強力なスペックを持ったサーバーがいいのかな。

 新久保:もともとオラクルのRAC(Real Application Clusters、以下RAC)の思想としては、「リソースが足りなくなったら横に伸ばせ」でした。中規模のものをたくさん並べれば論理的には大きく見えるということ。

 谷川:ちょうどRACの話になったのでRACの話に移ります。マルチテナントにするとき、RACについてはどう考えればいい?

 新久保:基本的にマルチテナントと呼ばれるコンテナデータベース(CDB)の上はプラガブルデータベース(PDB)でRACとは全く関係がない世界です。CDBが何で組まれているか。シングルサーバーなのか、RACなのか、HAなのかという違いです。

 谷川:PDB単位でRACするのは意味がない?

 新久保:そもそもできません。

 近藤:CDBでRACを組み、どこかのノードだけにPDBを配置するのはできなくもないですが。

 谷川:CDBでRACを組むというイメージなんだ!その上のPDBにアプリケーションを乗せるというイメージ?

 新久保:そうそう。

 近藤:(図を書き始める)。これがサーバー、CDB、PDB(↓下図参照)。

 新久保:だからPDBは論理的なデータベースと理解しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング