「キャリアクラウド」「グローバル基盤」「ネットワーク仮想化」の3つに注力--NTTコミュニケーションズ 有馬社長が語るGlobal Cloud Vision 2013

EnterpriseZine / 2013年10月25日 11時30分

 会場入口

 NTTコミュニケーションズは10月24~25日の2日間、都内で自社主催イベント「NTT Communications Forum 2013」を開催。講演やセミナー、展示会で、クラウドをベースに企業の変革を支援する「グローバルクラウドビジョン(Global Cloud Vision)」戦略を実現していくための最新技術やソリューションを披露した。有馬彰代表取締役社長の基調講演の模様と、展示会で紹介されていた注目の技術やサービスをレポートする。

■「キャリアクラウド」「グローバル基盤」「ネットワーク仮想化」の3つに注力

 有馬氏は「NTTコミュニケーションズのGlobal Cloud Vision 2013 ~これまでの取組みと今後の展開~」と題して基調講演を行った。

 同社が企業向けサービスの戦略としてグローバルクラウドビジョンを掲げたのは2011年10月のこと。「低コストで柔軟なICT環境の実現」「グローバルレベルでのICT環境の最適化」「安心安全なICT環境の実現」を柱として、顧客の経営改革に貢献していくことを目的とした。このビジョンが発表された当初は、同社が提供していない機能やサービスが多いこともあり、サービスの全体像を具体的に描きにくかった。

 だが、同社はその後、自社開発や、自社にない技術やサービスについてM&Aやパートナーとの協力を加速させ、Global Cloud Visionを構成するピースを次々と埋めていった。有馬氏の講演は、こうした同社の2年にわたる取り組みが着実に実を結んでいることを感じさせるものとなった。

 たとえば、2012年春には、CloudStackなどのオープンソースを活用した独自のIaaSサービス「Bizホスティング Enterprise」「BizホスティングCloudn(クラウド・エヌ)」をプライベート、パブリックのクラウドとして提供を開始した。ネットワークにはOpenFlowなどの仮想ネットワーク技術を採用し、グローバルで共通のサービスとして提供するなど、国内キャリアが提供する国内初のクラウドサービスとして存在感を示した。

 サービス拠点は現在、8ヵ国10拠点だが、2014年には10ヵ国12拠点に拡大予定だ。機能的にも、今月からは、データベース向けのクラスタ(Oracle Database、SQL Sever)機能やブロックストレージ、SAPの認証を受けたラージタイプの仮想サーバの提供を開始するなど、拡充を続けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング