米「AWS re: Invent」で発表された新サービスと機能をアマゾン データ サービス ジャパン玉川憲氏が一挙解説

EnterpriseZine / 2013年11月22日 19時30分

AWS CloudTrail 出所:アマゾン データ サービス ジャパン

 アマゾン データ サービス ジャパンは11月22日、11月12~15日に米国ラスベガスで開催した自社イベント「AWS re: Invent」の事後報告会を開催した。代表取締役社長の長崎忠雄氏と技術統括本部本部長の玉川憲氏が出席し、re: Inventで発表された新サービスを振り返った。

■4年間でAWSの国内ユーザー数は2万人を超える

 re: Inventでは数多くの新サービスや既存サービスの機能強化が発表されたが、報告会ではこのうち、「Amazon Workspaces」「Amazon RDS PostgreSQL」「Amazon Kenisis」「Amazon AppStream」、「Amazon EC2」の新インスタンス「G2」「C3」「I2」、「AWS CloudTrail」などを紹介した。

 報告会では、まず、長崎氏が「2009年から日本での活動を開始し、2013年までの4年間で国内ユーザー数が2万人を超えるまで成長できた。2013年は認定制度や公式トレーニングの開始、大阪支社開設など、ローカライズを加速している。東急ハンズ様やミサワホーム様のようにクラウドを最優先で考える企業も増えた」と国内の実績を紹介した。

 re: Inventについては「昨年は150、今年は200を超えるアップデートを行った。イノベーションを新サービスとして国内のお客様に届けられることを嬉しく思う」と話した。

■「AWS re: Invent」で発表された最新サービスと機能(1)

●Amazon Workspaces

 続いて、玉川氏が新サービスの特徴や機能、背景を順に説明していった。最初に紹介したのは、現在限定プレビューが行われているAmazon Workspacesで、玉川氏によると「フルマネージドされたリモートデスクトップサービス」となる。Windows 7相当のOSを、PC、Android、iPad、Macなどからインターネット越しに月35ドル(1CPU、メモリ3.7GB、50GBストレージ)から利用できる。Active Directoryと統合でき、S3へのバックアップにも対応する。

 「Windows XPのサポート終了や、マルチデバイスで仕事する環境への変化、災害対策などを背景としてVDI(Virtual Desktop Infrastructure)に対する関心が高まっている。だが、VDIを構築するには仮想化のためのソフトウェア、ハードウェア、OSなどのライセンス費用がかさみ、現実的ではなかった。Workspacesは、初期費用なしにさまざまなデバイスから好きなときに仮想デスクトップサービスを月額料金で利用することができる」(同氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング