大盛況のDreamforce、マリッサ・メイヤーとシェリル・サンドバーグがベニオフと語った!リーダー論、女性論

EnterpriseZine / 2013年11月27日 16時15分

 チームのリーダーは、メンバーに許可を出す役目を担っている。「メンバーの中に、良いアイデアがあることは分かっていたので、その妨げになっているものは何かをメンバーに出してもらい、それをリーダーは1つずつ解決していきます」とのこと。社員のアイデアをどんどん吸い上げ、方向性が決まったら人を動かして、やりやすいようにする。そのためには、人事制度のありかたも変えるのだとメイヤー氏。

 もう1つ大事なのが組織の透明性だ。メイヤー氏は、役員会の資料をそのまま使って社員に会社の状況を説明したそうだ。そんなことは止めるようにと、忠告する人もいた。

 「けれど、私はやるべきだと主張しました。そうすることで、役員が何をしているから分かるからです」(メイヤー氏)

 役員も逆に、会社で何が起こっているかを分かるようにしないとならない。その際にはデータに基づいて理解する仕組みが必要だとも指摘した。メンバーと共に時間を過ごし理解する。そしてリーダーはメンバーが動きやすい環境を作る。さらに、組織自体の透明性を確保する。これらが一体化すれば、強い組織と競争力のある製品、サービスが生まれるのだろう。

谷川 耕一[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング