米国で急成長中の新興ストレージベンダー「Nimble Storage」がいよいよ日本上陸

EnterpriseZine / 2013年12月3日 0時0分

 アセンテック株式会社は2013年10月30日、「Nimble Storage(ニンブル・ストレージ)」の国内販売を12月下旬より開始すると発表した。同社が米Nimble Storage社と代理店契約を締結し、日本における唯一のディストリビュータとして、Nimble Storage製品の販売を一手に担うという。まだ本稿執筆時点(2013年11月)では、日本における知名度はゼロに近いNimble Storageだが、創業からわずか3年の間で、米国を中心に1750社もの企業が同社のストレージ製品を導入している。この急成長の秘訣は、一体どこにあるのか? 同社 CEOのSuresh Vasudevan氏に話を聞いた。

■SSDとHDDを組み合わせた独自の「ハイブリッド型」アーキテクチャ

 Nimble Storageは2010年に創業されたばかりの、米国の新興ストレージベンダー。SSDとHDDを組み合わせた独自の「ハイブリッド型」アーキテクチャが高い評価を受け、ユーザー数を急速に伸ばし続けている。

 とはいうものの、SSDとHDDを混在させたストレージ製品は、近年では決して珍しいものではない。一体、どのあたりに同社の製品に固有の特徴があるのだろうか? Vasudevan氏によれば、Nimble Storageのストレージ製品は、他社製品には見られない極めてユニークな設計思想に基づいて作られているという。

 「他社のSSD採用ストレージ製品のほとんどは、HDDを前提とした旧来のアーキテクチャの中に、後からSSDを導入している。一方、Nimble Storageのストレージ製品は、当初からSSDなどフラッシュメモリストレージの使用を前提にアーキテクチャを設計しているため、SSDの利用効率に極めて優れる」(Vasudevan氏)

 Nimble Storage製品に搭載されるソフトウェアは、SSDの利用効率を最大限に高め、システム全体として最高のスループットを引き出せるよう設計されているという。そのため同氏によれば、SSDとHDDを混在させてティアリング(階層化)を行う一般的なストレージ製品と比べ、Nimble Storage製品は3分の1から5分の1のハードウェアリソースで同等のパフォーマンスを達成できるという。

 もう1つの大きな特徴は、運用の容易さにあるという。近年、企業が抱える業務データの容量は増加の一途を辿っている。それに伴い、ストレージの容量や規模も拡大し、その運用に掛かる手間やコストの増大が問題化しつつある。そのため各ストレージベンダーとも、自社製品の自動管理機能の開発に力を注いでいる。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング