OpenStack専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2014」が2月13日、14日に開催

EnterpriseZine / 2013年12月19日 12時50分

 オープンソースで開発されるクラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackの専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2014」(主催、OpenStack Days Tokyo 2014 実行委員会)が2014年2月13日、14日の2日間、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催される。

 「OpenStack Days Tokyo」は、今年3月12日に第1回が開催され、国内外22社が講演・出展、700名以上が来場。第2回は、会期を2日間に規模を拡大して開催し、1,500名の来場を見込んでいるという。

 基調講演では、OpenStackプロジェクト共同創始者の1人で、現在OpenStack FoundationのCOOであるMark Collier氏が登壇し、グローバルのOpenStackエコシステムや最新の導入事例などについて講演する。

 また、今年5月から商用環境にOpenStackを導入し、運用・改善を続けているグリー株式会社の開発統括本部 渡辺光一氏、松橋洋平氏が登壇し、最新の導入事例などを紹介する予定だ。

■開催概要

名 称:OpenStack Days Tokyo 2014 
会 期:2014年2月13日(木)・14日(金)
会 場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F (御茶ノ水駅1分)  
主 催:OpenStack Days Tokyo 2014 実行委員会
参加:無料(事前登録制)
申込:公式サイト

EnterpriseZine編集部[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング