顧客や社会という「デマンドサイド」から考えるビジネスモデル-日本企業が苦手で実践に必要なこと

EnterpriseZine / 2014年1月14日 8時0分

ITアナリスト、ウィンドゥース代表、明治大学リバティアカデミー講師 

 2013年11月26日、ラフォーレミュージアム六本木にて「ビズジェネ・コンファランスVol.7 Business Model Generation 2013」が開催され、ベストセラービジネス書『ビジネスモデル・ジェネレーション』の著者、アレクサンダー・オスターワルダー氏が日本で初めてセミナーを実施した。同氏が自著に基づく企業イノベーションの方法論を指導したほか、参加者が実際に作業に取り組むワークショップ、同書を活用したビジネスモデル構築法、日本における第一人者らのトークセッションなども盛り込まれ、イベントは活況を呈した。レポート第2回目となる今回は、日本でビジネスモデル・ジェネレーションメソッドの普及に関わってきた研究者、実践者、指導者らによるトークから、実践に役立つヒントを紹介する。

たった一枚のシートで、ビジネスモデルをデザインする!
1月23日(木)開催/今津美樹のビジネスモデル・ジェネレーション・ワークショップ[基礎編]    

世界中で注目のメソッド「ビジネスモデル・ジェネレーション」を活用し、その中でコアとなるツール「ビジネスモデル・キャンバス」をワークショップ形式で描いていきます。これから新しいサービス、ソリューションをビジネス化していくための考え方や既存のビジネスモデルにイノベーションを起こすためのプロセスを身につけるワークショップです。

日時:2014年1月23日(木)13:00~17:30(受付開始は12:30)

参加料:税込:39,990円(38,000円+税)

会場:株式会社翔泳社(東京・四谷三丁目)

お申込・詳細: ⇒ こちら

■ビジネスモデル・ジェネレーションは日本と世界のナレッジギャップを埋めるツール

 企業イノベーションの研究者で多摩大学大学院教授の紺野登氏は、『ビジネスモデル・ジェネレーション』の存在を知ってから著者のオスターワルダー氏に連絡を取り、その考え方をいち早く日本に紹介した立役者の一人である。しかし、オープニングトークでは「世界的に広まっている便利なツールだから採用しよう、とは思わないでいただきたい」と釘を刺し、今なぜ、この考え方が日本企業にとって特に重要なのかを次のように説明した。



 「(日本企業は従来、サプライサイドのロジックでイノベーションを進めてきたが)最近のイノベーションは様変わりしています。たとえば、ソーシャルイノベーション、デマンドサイドイノベーション、リバースイノベーション、破壊的イノベーションなど、いろいろなイノベーションのスタイルが出てきましたが、これらに共通していることはただ1つです。それは、企業から顧客へのサプライサイドのロジックではなく、顧客や社会からのデマンドサイドのロジックでイノベーションが起きるということです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング