IBM、第6世代x86アーキテクチャ「X6」発表--メモリスロットに挿入するフラッシュストレージを搭載

EnterpriseZine / 2014年1月20日 17時0分

IBM System x3850 X6

 日本IBMは1月17日、第6世代のx86サーバ・アーキテクチャ「X6」と、同アーキテクチャを採用したハイエンドのラックサーバ製品「IBM System x3850 X6」など3製品を発表した。2014年1~3月期から順次、販売を開始する。

■企業で高まるデータ処理(OLTP処理とアナリティクス)のニーズに対応

 X6では新たに、コンピュートやストレージ、I/Oなどのコンポーネントをブックと呼ばれる部品ごとに分け、それらを組み合わせて1つの筐体(4U)を構成するモジュール型のアーキテクチャを採用。また、本体のメモリスロット(DIMMスロット)に直接差し込めるフラッシュストレージ「eXFlash DIMM」を搭載し、ストレージのIOPSを向上させた。そのほか、インテルの新プロセッサXeon E7とIBM独自ファームウェアなどにより、信頼性、可用性、保守容易性を向上を図った。

 システム製品事業本部x/Pure セールス事業部 事業部長の小林泰子氏によると、X6のコンセプトは、基幹データ(OLTP)処理とアナリティクスという企業で高まるデータ処理のニーズにこたえたもの。「仮想化やクラウドへの移行が進む基幹システムに求められる堅牢性や可用性と、Hadoopなどを使ったアナリティクスで求められる高速処理性能を単一のx86サーバで両立した。Fast(高速)、Agile(俊敏さ)、Resilientが特徴になっている」という。

 1つめのFastを特徴付けているのがeXFlash DIMMだ。プロセッサに最も近い位置にフラッシュストレージを配置することで、PCIスロットに差し込んで使用するPCIeフラッシュと比較して3倍のレイテンシー向上を実現できるという。サーバ4U筐体あたり最大480万IOPSの性能を持ち、ストレージ容量は最大12.8TBとなる。

 「スロットはメインメモリと共有しており、eXFlash DIMMを挿入した場合にストレージとして自動的に認識する。RDMSのログやテーブル本体の格納先や、外部ストレージのキャッシュとして利用することでトランザクション性能を劇的に向上することができる。また仮想環境で利用することで、仮想マシンの集約率を向上させることができる」(システム製品事業本部 x/Pureセールス事業部 システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト 早川哲郎氏)

 提供価格は、PCIeフラッシュよりIOPSあたりのコストが3割程度安くなる予定という。メモリスロットは一般的なDDR3向けだが、独自に制御するため、X6より前のサーバ製品では利用できないという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング