地図サービス「MapFan」を支えるエンジニア―インクリメントP 岸田和巳さん

EnterpriseZine / 2014年4月1日 13時30分

 カーナビの地図データを整備するシステムに携わっているインクリメントPの岸田和巳さん。最近ではPostgreSQLを使う機会が増えてきたという。地点情報や住所など、やや特殊なデータをどのように扱っているのだろうか。

■地図サービス「MapFan」を支えるエンジニア

 カーナビにスマートフォン、いまや移動にナビゲーションは欠かせない。移動時だけではない。誰もがお店を探すとき、旅行を計画するとき、何らかの形で地図のデータを利用している。筆者なんて筋金入りの方向音痴なので「もうスマートフォンのナビゲーションアプリがないとどこにも行けない」と思うくらいだ。

 日本の地図サービスといえば「MapFan」が有名だ。運営しているのはインクリメントPで、パイオニア社内でのカーナビゲーションプロジェクトが源流にあるほど歴史が長い。会社としての設立は1994年。単に地図サービスだけではなく、カーナビゲーションを支える多くの技術やノウハウを持ち、業界をリードしている。

 今回のDBプロはインクリメントPで地図データを更新するためのシステムに携わっている岸田和巳さん。2005年に同社に転職した。その頃というと、パソコンで地図を検索することが普及し始めたころではないだろうか。目的地の住所を入力してWebから地図を開き、好きに拡大や縮小してプリントアウトしてから出かける。これは初めて行く場所に出かけるときの習慣を大きく変えたと記憶している。

 そう思い返すと「いや、ぼくは(地図サービスではなく)地図データを整備するシステムのほうが担当なので……」と岸田さんは謙遜する。いやいや。データの整備も地図サービスには欠かせない要素ですよね。

 岸田さんは入社後はまず「POI(Point of Interest)」とも呼ばれる地点情報のデータを整備するシステムを担当した。POIとは人間が興味を持つような地図上の場所というところだろうか。例えばコンビニ、駅、図書館など。カーナビで目的地に指定したり、地図アプリで検索対象となる場所だ。POIには地点名と緯度経度のほかに店舗なら電話番号や営業時間など、かなり多くの情報を持っていることもあるそうだ。

 この地点情報のデータも地図上の道路と同じく、常に入れ替わっているため最新の情報に整備していく必要がある。同社には地点情報を整備するためのシステムがあり、岸田さんが入社した2005年ごろはその地点情報システムを刷新するための準備を進めているところだった。そこに岸田さんがメンバーに加わり、アーキテクチャやデータベースの設計などに携わった。新システムは2006年に稼働開始したものの、それ以降も徐々に改良を重ねてシステムを成長させてきた。昨年、長らく続けてきた改良に一区切りをつけ完成形に到達したという。

 システムに携わってから実に8年ほどは過ぎただろうか。岸田さんはこれまでを振り返り「2005年当時には夢として描いていた構想もありましたが、年を経て周囲の状況も変わり、最終的には(必要性がなくなり)盛り込まれなかった機能もありました。今は最適な形として落ち着きました」と話す。

加山恵美[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング