利益確保より拡大を図る時期、パブリッククラウド値下げでAWSに追随--NTT Com有馬彰氏「Global Cloud Vision 2014」を解説

EnterpriseZine / 2014年4月17日 11時30分

▲統合APIゲートウェイでパートナーとのエコシステムを推進 出所:NTTコミュニケーションズ

 NTTコミュニケーションズは4月15日、2011年10月に発表したサービスビジョン「Global Cloud Vision」の進捗に関する記者説明会を開催。代表取締役社長の有馬彰氏が実績と今後の展開を解説した。

■ファクトリーモデルの導入、パブリッククラウド値下げでAWSに追随

  Global Cloud Visionは、ネットワークやアプリケーション、ボイス、セキュリティ、運用管理などをクラウドに移行し、グローバルで共通品質のサービスをシームレスに提供することで、顧客の経営改革に貢献しようというもの。2015年度にクラウド/データセンター事業で2000億円以上の収益を目標にしている。現在は、サービスやデータセンター拠点の強化、拡充を中心に取り組みを進める「利益確保より拡大を図る時期」に位置づけられている。

 2014年版の新しい内容としては、グローバルで提供するサービスの開発/オペレーションについて「フェデレーションモデル」から「ファクトリーモデル」へ移行すること、パブリッククラウド「BizホスティングCloudn(クラウド・エヌ)」の最大31%の値下げ、BizホスティングEnterprise Cloudで中国(上海)とインドでのデータセンター拠点の設置、SDNを活用したVLAN多重化機能、クウラドとVPNの接続をカスタマーポータル経由で自動化する機能などが明かされた。いずれも2014年夏をめどに提供される予定。

 値下げ合戦が激しくなっているパブリッククラウド市場については「拠点などのインプリメントはわれわれが進んでいると思うが、機能面や価格面では、AWSなどに遅れをとっている。当然、追いついていかないといけないと思っている。違いとしてはトータルサービスであり、クラウド専業でないこと」とコメントした。

 発表にあたった代表取締役社長の有馬彰氏は、昨年までの進捗として、データセンターの拠点数が153拠点(24.6万㎡)となりAPACで最大規模になったことや、クラウドサービス(BizホスティングEnterprise CloudとCloudn)の顧客数が2012年の2400社から2013年に4900社と倍増したこと、マネージドセキュリティサービス(WideAngle)の契約機器台数が2012年の7300から2013年の8500に増えたことなど、順調に規模を拡大していることを紹介した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング