「わたしたち、Azureで災害対策しました」(前編)

EnterpriseZine / 2014年5月13日 15時0分

左から、システム コンサルタント/足利氏、真田氏、DBオンライン/谷川耕一、日本マイクロソフト/鈴木氏、北川氏

 クラウドを活用する際には、さまざまな形がある。注目されている1つが、災害対策での利用だろう。今回は、実際に顧客の基幹システムの災害対策をMicrosoft Azureを使って構成した事例について、実際にそのSI部分を担当したシステム コンサルタントのエンジニアの方々に話を聞いた。こういった構成を取る際の、リアルな課題などについて紹介する。また、Azure上でさまざなシステムを動かしていく際にどういうポイントに注意して構成設計すればいいのか。さらには、今後のAzureへの期待についても話を聞いた。

 ★Azureへの移行はこんなに簡単!支援策に関する情報はこちら

■災害対策だけをAzureに

 谷川:今回はAzureに関する座談会の3回目です。これまでAzure(IaaS)でデータベースを用いるときの実際の苦労などをおうかがいしてきました。今回は最後なので現実的な話だけではなく、Azureに期待することも含めて忌憚なく話していただけたらと思います。

 北川:僕は、5月1日からAzure担当も兼任していますので、どうぞ!

 谷川:はい、後ほどよろしくお願いします。まずはシステムコンサルタントの真田さん、どういう経緯でどのようにAzureを活用したのか、概要を教えていただけますか?

 真田:お客様の基幹システムがVB6、SQL Server 2000で構成されていました。それをWindows 2012 Server、SQL Server 2012に移行して、災害対策としてAzureも使うことにしました。ポイントはデータベースをSQL Server 2000からSQL Server 2012にアップグレードしてAlwaysOn構成とした事です。AlwaysOnは地上に2台、あと1台はAzureでスタンバイです。

 谷川:基幹システムのバージョンアップが先でしたか?それとも災害対策だからAlwaysOn?Azureの導入も最初から構想にありましたか?

 真田:お客様はすでに小規模なPaaSの仕組みも導入されており、前々からシステム担当者さんから「Azureをどこかで使いたい」という要望をうかがっていました。そこで「今回の災害対策をAzureでやりましょう」という話に。特に災害対策についてはお客様の上層部から「昨年中に」と指示があったそうです。決まったはいつごろだったかな……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング