「Twitterのすべてのデータを扱えるのは、世界でGnipとTwitterの2社だけ」―企業のソーシャル活用を支えるGnipをご存じですか?

EnterpriseZine / 2014年5月13日 11時0分

実際のビッグデータ活用では、さまざまなパートナーがGnipとユーザーの間に入ることになる

 ビッグデータを活用して売り上げを向上しろ―そんな業務命令を上司から受けても、自社内にはビッグデータと呼べるようなデータはないというIT担当者もいるかもしれない。そんな際に目を付けるのが、facebookやTwitterなどのソーシャルネットが生み出すビッグデータだ。ソーシャルメディアのデータを分析すれば、何かが見えてくるのではと考えるIT担当者も多いかもしれない。

■ソーシャルデータを企業が扱うための3つの要件

 とはいえ、そんな発想でTwitterのつぶやきなりを漠然と眺めても、すぐに役立つ知見は見つからないだろう。これをうまく活用するには、じつはコツがいる世界なのだ。とはいえソーシャルネットワークは世の中の状況をリアルに映し出す鏡の1つとも言われている。そこから読み取れる変化に合わせ、タイムリーに自社ビジネスのやり方を変えられればビジネスへの好影響も期待できるはずだ。

 Twitterのつぶやきを分析するクラウドサービスは、いまやいくつものベンダーが提供している。そんなサービスを支えているのが、Gnipという企業の存在だ。

 「Gnipは世界最大のソーシャルデータのプロバイダーです」と語るのは、Gnip CTOのジャド・ヴァレスキー氏だ。ソーシャルデータを企業が利用しようとする際には、サステナビリティ、信頼性、データの完璧性という3つの要素が必要となる。これはサービスとしての継続性を確保し、一貫性のあるアクセス方法でデータを取得できるようにすること。さらに、すべてのデータの中から必要な情報を容易に取り出せるようにすることだ。

 「Twitterのすべてのデータを扱えるのは、世界でGnipとTwitterの2社だけです。両社だけが100%過去のデータにもアクセスできます」(ヴァレスキー氏)

 もちろんGnipはTwitterだけでなく、40以上のソーシャルアクティビティに対応している。それらでは、毎秒150億件を超える莫大なソーシャルネットワーク上のやりとりが行われている。扱うデータとしてはリアルタイムなデータと蓄積されたヒストリカルなデータがある。Gnipはビジネスを始めた当初からリアルタイムなストリームデータを扱っており、ビジネスとしてはこちらが主流だ。

 現在は蓄積されたデータも増えたことからヒストリカルなデータも提供し、これら両方をビッグデータとして活用できるようになっている。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング