ガートナー・ジャパン、「ガートナー アウトソーシング&ITマネジメント サミット 2014」を6月11日に開催

EnterpriseZine / 2014年5月22日 11時0分

 ガートナー・ジャパンは6月11日、「ガートナー アウトソーシング&ITマネジメント サミット 2014」を開催する。

  今回のテーマは、「IT組織の『レゾンデートル』」。IT予算の制約、新しい技術の活用、ITのビジネス価値の証明や向上など、企業のIT組織を取り巻く環境は複雑化しており、「レゾンデートル」(存在意義) を経営者に示す必要性も増しているという。

 本サミットでは、IT組織のレゾンデートル(存在意義) を示すための方法論について紹介していく予定だ。基調講演では、ガートナー リサーチ リサーチ ディレクターの片山博之氏が「IT組織の『レゾンデートル』」をテーマに基調講演を行うほか、「より高みを目指すための組織風土改革」と題してスコラ・コンサルトのプロセスデザイナー代表 柴田昌治氏がゲスト基調講演を行う予定だ。

 本サミットの概要は以下通り。

名称:ガートナー アウトソーシング&ITマネジメント サミット 2014
会期:2014年6月11日(水)
会場:東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区)
TEL:03-6430-1810 FAX:03-6430-1927
Email:japan.events@gartner.com
主催:ガートナー ジャパン株式会社 サミット登録事務局
後援:社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
申込み:Webサイト

EnterpriseZine編集部[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング