あなたはクラウドに何を載せますか?

EnterpriseZine / 2014年6月25日 14時0分

 今やほとんどのシステムはクラウドで動く。よっぽどシビアなレスポンスが要求されるものや、データの機密性が高くクラウドには置きたくないものでもないかぎりクラウドで動かして何ら問題はない。とはいえ、現時点でクラウドにかなり向いているものとそれほど向かないものもあるのは事実だ。

■IaaSの効果が得やすい大規模バッチ処理とビッグデータ分析

 IaaSの観点では、先日のビットアイル 高倉氏のインタビューでも話題になったが、バッチ処理やアナリティクスのように処理のピーク時にだけ大きなコンピュータリソースが必要となるものはクラウド向きだ。大手企業の多くで、データの爆発もあり日次バッチの処理が夜間のうちに終わらない課題を抱えている。バッチ処理をなんとかするためだけに、強力なサーバーと高速なストレージを導入する。せっかく高いコストをかけインフラ環境を更新しても、減価償却が終わる前に再び性能が足りなくなりバッチ処理が終わらなくなるのが昨今の状況だろう。

 ピーク時の要求に合わせ必要なリソースをダイナミックに割り当てられるクラウドなら、このリソースの課題も容易に解決できる。たとえば、月に1度の給与計算時だけ処理をクラウドで高速に行う。合併などで社員が急激に増えてもクラウドなら迅速に対処できるだろう。1日の中でピーク処理のタイミングが変動するような場合にも、ダイナミックにリソースを割り当てられるクラウドは向いている。

 一方で、ERPなどの基幹系システムはあまりクラウド向きではないかもしれない。オンプレミスで問題なく動いている基幹系システムを苦労してIaaS化しても、そこにはあまり革新は生まれないのだ。たんにサーバー環境がクラウド上に移動したことになりかねない。

 大規模なバッチ処理やビッグデータのアナリティクスをクラウドに持っていった場合、必要な大量データをどうやってクラウドに持っていくかという新たな課題が出る。クラウド上でピーク処理に合わせたコンピュータリソースを用意し素早くバッチ処理を行えても、データをクラウドに上げるのに何時間もかかれば結局はバッチ処理が終わらないことに。アナリティクスも同様で、せっかく迅速な分析で知見をビジネスですぐに活用したくても、肝心のビッグデータをクラウドに素早く載せられなければ知見の鮮度は落ちてしまう。

 そう考えると、データが発生するところもクラウドに載せたほうがいいことになる。クラウド向きではないとしたERPなどの基幹系システムがクラウドにあれば、データをクラウドに上げる処理はそもそも必要なくなるだろう。クラウドを活用したければ、可能なものはなるべくクラウドに上げてしまうことも考慮する必要がありそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング