【座談会】主要ベンダが本音で語る、モバイルで企業価値を生み出すために把握すべき4つのポイント(後篇) 

EnterpriseZine / 2014年10月3日 0時0分

 今年に入ってからは、モバイルが以前にも増して熱を帯び始めています。しかし一方で、情報システム部門やSIerの現場では、既存業務との適合性やコスト効果になかなか答えを見つけらず、苦戦していることが多いようです。本記事では、7月31日の「Developers Summit 2014 Summer」で実施されたエンタープライズ・モバイルの製品ベンダ4社が集まった座談会の【後篇】の模様をご紹介します。

▲座談会 参加者(写真、左から)

井上 憲氏 (日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 ビジネス推進本部 製品戦略部 マネジャー)
大西 彰氏 (日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エクスペリエンス & エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト)
井口 和弘氏 (SAPジャパン株式会社 Analytics&Mobility ソリューションズ ディレクター)
佐々木 志門氏 (日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業本部 WebSphere事業部 テクニカル・セールス)
川田 寛氏 (NTTコムウェア株式会社 品質生産性技術本部 技術SE部 エバンジェリスト)

★前篇の記事はこちらから⇒【座談会】主要ベンダが本音で語る、モバイルで企業価値を生み出すために把握すべき4つのポイント(前篇) 

■モバイルはセンサーの固まり!PCには無いデバイスを活かせ!

司会 川田:モバイルはその特性を活かすことで、いままでできなかったことが出来る、「向いている作業」というのは確かにあるのでしょう。ではそういうものを探っていく際に、どういうアイデアがあるのか、なにかポイントはありますか?

SAP 井口:ユーザー・エクスペリエンスを考えていくと、スマートフォン・タブレットでないとダメだとか、PCでないとダメだとか、そのように考えるよりも先に、今、社内にあるものを外に持ち出すというところから考えて欲しいです。

 モバイルは文字の入力が苦手です。そこで、タッチで完結できるようにするとか、位置情報を扱うとか、カメラを使っていくとか、今までのエクスペリエンスに、新しいスマートフォンやタブレットの価値を追加していくんですね。日々の仕事の中で、これはカメラで撮影出来たらいいなとか、この情報をリアルタイムに蓄積できたらいいなとか、そういうものは結構あると思うんですね。例えば、お客様に情報をリアルタイムにプロットするとか、そういう使い方はよく聞きますね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング