マカフィー、中小企業向けの総合セキュリティスイート製品を発表

EnterpriseZine / 2015年2月19日 12時10分

出所:マカフィー株式会社

 マカフィー株式会社は2月19日、中小規模企業向けの総合セキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection for SMB」を発表した。McAfee Endpoint Protection for SMBは、EssentialとAdvancedの2つのエディションを通じて、2月23日より、国内のマカフィーの販売代理店から提供を開始する。

 McAfee Endpoint Protection for SMBは、中小規模企業向けに設計された総合セキュリティスイート製品。クラウドベースの管理機能もしくは従来のオンプレミス型の管理機能のどちらも使用することができ、顧客の環境に合わせた管理方法を選択できるという。また、マカフィーがリアルタイムに更新している世界規模の脅威データベースを通じて、中小規模企業のセキュリティを大幅に強化するとしている。

 McAfee Endpoint Protection for SMBの主な特長は以下の通り。

最新のMcAfee Endpoint Security 10.0による高度な保護
新たにクラウドに対応したMcAfee ePOによるシンプルかつ低コストなセキュリティ管理
メール対策や暗号化管理、モバイル対策までを網羅する豊富なセキュリティ対策機能

 また、各エディションの機能は以下の通り。

出所:マカフィー株式会社

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
ユニアデックス、次世代ファイアーウォール製品の「セキュリティー運用監視サービス」を提供
作った人に聞いてみた、マイナンバーとの上手なつきあいかた
カスペルスキー、製造業やインフラ事業者などを対象にゲーム形式の対サイバー攻撃演習「KIPS」を提供
給与計算アウトソーシングのペイロールがマイナンバー管理サービスの提供を開始
NEC、リアルタイム攻撃情報を提供する米Norse社と提携しサイバーインテリジェンスを強化

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング