通所リハビリテーション(通所リハ)について

いい葬儀マガジン / 2018年8月15日 9時9分

写真

今回は、通所リハビリテーション(通所リハ)について話をしたいと思います。

通所リハビリテーション(デイケア)は、介護のサービスの1つです。

似たサービスにデイサービスがありますが、大ざっぱに分けると、短時間型のリハビリを提供するのが通所リハ、長時間の機能訓練、食事、入浴などを提供するのが通所介護です。

 

 
通所リハとはどんなサービスか?
 

誰が) 介護職員や、理学療法士などのリハビリ専門職が、

 

誰に) 要介護者と要支援者の利用者さんに対して

 

どこ) 週の決められた日時に、デイケアに通っていただいて、

 

内容) 短時間でしっかりとした、リハビリテーションを提供し、入浴、排せつ、食事等の介護やレクリエーション、本人、家族の相談、助言を日帰りで行うサービスです。

 

デイケアの送り迎えは、通常デイケアが行います。近隣の方は徒歩で通所される人も居ます。

 

いつ) ケアプランで決められた日時に行きます(緊急の場合を除き他の日には行かない)

 

 
通所リハに資格は必要?
 

通所リハの介護職員は、無資格でも働けます。

 

通所リハは、通常、医師が勤務している、クリニック・病院・老健に併設されています。

そのため、医療職(医師、看護師、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が働いているため、医療的な心配が強い利用者は、安心してリハビリを受けることができます。

 

 
通所リハの対象者は?
 

通所リハの対象者は、

 

要介護1~5と認定された利用者です。

要支援1・2と認定された利用者です。

 

通所リハには、総合事業のサービスはありません。

要介護のケアプランか、要支援のケアプランが作成され、契約後にサービスがスタートします。

 

なお、他のサービスと違って、どんな利用者でも受けられるわけではありません。通所リハビリを利用する場合は、医師の指示が必要になります。通常は、その通所リハビリで勤務している医師の指示になるかと思います。

 

数的には、デイサービスよりも少なく、1/6程度でしょうか(7000店)。

 

 
通所リハのサービスの内容は?
 

通所リハは、短時間(90分程度)のサービスがあります。

主に、リハビリ専門職のリハビリテーションを、マンツーマンもしくは集団で受けることができます。

 

通所リハには、外来リハビリ室が併設されていることも多く、その外来リハビリ室で、医療リハビリを受けていたケースが多いと思います。

医療保険のリハビリは、一定期間後に終了することになるため、その後リハビリを継続しようと思えば、街中のスポーツジムで運動習慣を継続するか(クリニックに併設されているメディカルフィットネスも1つの手です)、介護認定を申請して、介護度が認定されれば、介護保険の通所リハを受けるという方法があります。

 

とはいえ、通所リハビリにずっと通えるかというと、そうではなく、ある程度のリハビリが提供されたら(半年ほど)、その後自宅近くの運動ができるデイサービスへ移行するという「流れ」が考えられています。

とはいえ、この「流れ」は、まだ厳密に決まっているわけではありません。厚生労働省の資料をみると、そうした流れを作りたいようです。

 

デイケアの中には、デイサービスのように、長時間のサービスをしているところもあります。30年度から、報酬上は、短時間は通所リハ、長時間はデイサービスというメリハリがつきました(長時間は6時間以上のサービス)。

 

リハビリ以外にも、入浴、排せつ、食事等の介護やレクリエーション、本人、家族の相談、助言、送迎などを、日帰りで行います。

 

基本的に、複数の職員が働いているので、スタッフと利用者が、1対1になるところはトイレ介助くらいで、それ以外は、誰か他の職員と一緒に行っていくことが多いです。

 

 
通所リハの利用料の目安(1回あたり)
* 1単位=10円と計算、自己負担は1割とする

 

□ 1時間以上2時間未満のデイケア(通所リハビリテーション)

 

要介護1   329円

要介護2   358円

要介護3   388円

要介護4   417円

要介護5   448円

 

 

□ 6時間以上7時間未満のデイサービス(通所リハビリテーション)

 

要介護1   667円

要介護2   797円

要介護3   924円

要介護4 1,076円

要介護5 1,225円

 

※上記が基本単価です(送迎費用含む)。

この他に、食費・おやつ代、オムツ代、レクリエーション費用、キャンセル代などが掛かります。

 

※また、サービス提供事業所の所在場所、サービス提供体制(介護福祉士が何人働いているか?)、サービスの内容、加算の有無に応じて利用料が追加されます。

 

上記は、利用者さんが支払う料金ですので、この料金の×10が事業所に報酬として入ってきます。

 

だいたい、みなさんの時給は、900円(東京は958円以上))~1200円ぐらいでしょうか。

 

 
通所リハビリテーションで働く人達は?
 

管理者(医師)

看護師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士

介護職員

事務員(レセプト請求業務、総務)

運転手

 

みなさんが、就職すると、直属の上司は、管理者さんや現場のリーダーさんになります。

この職種の中では、看護師、リハビリ専門職は資格が必要になります。

 

通所リハには「生活相談員」は、人員配置としては必要ないのですが、実際には、生活相談員の仕事をしている職員さんが居ると思います。

 

今回は、通所リハについて、お話をしました。

 

葬儀の"今"がわかる いい葬儀マガジン

トピックスRSS

ランキング