ルイ・ヴィトン、マークのラストビジュアルはソフィア・コッポラ、カトリーヌ・ドヌーヴらミューズ6人

FASHION HEADLINE / 2013年12月24日 17時57分

写真

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」14SSキャンペーン

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、14SSキャンペーンビジュアルを公開した。マーク・ジェイコブズ(Marc Jacobs)が手掛けるラストコレクションの顔には、これまで彼がインスパイアされたミューズ達がそろって登場する。

ラストショーのトップを飾ったモデル、エディ・キャンベル(Edie Campbell)やカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)、ジゼル・ブンチェン(Gisele Bundchen)、ファン・ビンビン(Fan Bingbing)、キャロライン・デ・メイグレ(Caroline de Maigret)ら6人、8枚のポートレートが登場。撮影は、スティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が担当した。

ビジュアルはモデルがアイコンバッグ「ノエ」をアップデートした「NN14」を持った、シンプルな構図。かつ抑えたカラーパレットで表現されている。NN14は、フェザーやクリスタル、アリゲーター、スパンコールを用いたものや、しなやかなカーフスキン、ブラックレザーでトリミングしたモノグラム・キャンバスなど、様々なバリエーションで登場。ミューズ達はそれぞれ異なるNN14を携える。

本キャンペーンは2014年1月より世界各国で展開される。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング