就活生、身だしなみを重要視。6割以上がスーツを新調

FASHION HEADLINE / 2014年1月7日 9時0分

写真

ザ・スーツカンパニー、就活生対象に「就職活動に関する意識調査」実施

「ザ・スーツカンパニー(THE SUIT COMPANY)」は、現在就職活動中もしくはこれから就職活動を始める予定の大学3年生206名を対象に「就職活動に関する意識調査」をインターネット上で実施した。

「就職活動を始めるに当たり、まずやるべき事は」という質問に対し、「自己分析」(80.6%)、「企業や業界の情報を知る」(74.8%)に次いで「リクルートスーツ購入」(43.7%)が3位にランクイン。就職活動時にお金がかかるものの第1位は「身につけるもの(スーツ、靴、シャツなど)」(79.6%)、第5位が「調髪代、美容院代、化粧品代」(24.8%)となり、就活生たちが身だしなみを重視していることが明らかになった。

就活アイテムとして新調した・するアイテムは「スーツ」(65.5%)、「シャツ」(58.7%)、「靴」(46.6%)、「コート」「鞄」(共に41.7%)となり、「就職関連の書籍」(32.5%)や「スマートフォン」(7.8%)を押さえ、身に着けるものが5位までを占めた。ザ・スーツカンパニーが採用担当者を対象に行った調査でも、採用のポイントとして見た目(身だしなみ)が「気になる」(65.0%)、「やや気になる」(31.6%)と9割以上(96.6%)が回答している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング