プリングル1815、14SSは90年代をイメージ。ライオン君のショートアニメ公開

FASHION HEADLINE / 2014年2月10日 13時0分

プリングル1815、14SSキャンペーンビジュアル

三陽商会が展開する「プリングル1815(PRINGLE 1815)」は、14SSキャンペーンビジュアルを公開した。

ブランドコンセプトである「MAKE THE NEW STANDARD(未来のスタンダードを創る)」をベースに、多様なカルチャーが混在した90年代をイメージ。メンズは「カレッジスポーツ」「ハイテク」などの要素をミックスしたコレクションでブランドらしい鮮やかなカラーを展開する一方、モノトーンカラーが初登場。今季はモノトーンに1カラー加えたコーディネートを提案する。ウィメンズは「サイケデリック」「フレンチポップ」「スポーツ」の要素を採り入れ、白黒のストライプとカラフルで多様なニットアイテムをラインアップ。

撮影を手掛けたのは、『ハーパーズ バザー(Harper’s BAZAAR)』やファッションブランドの広告などで活躍するフォトグラファー、トーマス・ロアー(Thomas Loar)。グラスゴーを拠点とするアーティストのデヴィット・ギャルトリー(David Galletly)が手掛けたイラストでは、エジンバラをブランドアイコンのライオンが駆け抜ける。

また、ギャルトリーによるアニメーションショートフィルムも公開中。スコットランドの伝統的なハイランドダンスを踊るのが好きなライオン君が、彼を喜んで受け入れられる地を夢見て日本に旅立ち、拍手で迎えられるというストーリー。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング