オランダデザイン展、銀座ミキモトにて開催。パール使用の特別作品も公開

FASHION HEADLINE / 2014年2月10日 14時0分

ミキモトにてダッチデザイン展開催予定

東京・銀座のミキモト本店6階ミキモトホールにて、オランダのデザインを紹介する「ダッチデザインの伝統と革新」展が3月27日より開催される。

東京のオランダ王国大使公邸のために選ばれた家具や陶磁器を始め、ファッション、ジュエリー、テキスタイルなどが集結。約50名のデザイナーが伝統的技術・素材を用いて製作した作品約70点を、ダイニングルーム、ベッドルーム、リビングルームなど生活空間に例えた会場に展示する。

オランダ人デザイナーのショルテン&バーイングス(Scholten & Baijings)は、約400年の歴史を持つ有田焼を再解釈し、日本の伝統色を用いた新ブランド「カラーポーセリン」シリーズを作り出した。オランダの伝統的なデルフト焼きと籐編みを融合させた新しいプロダクト、廃材を再利用した家具なども登場。また、ミキモトパールを用いて今展のために特別製作された作品3点を「イノベーションラボ」と称した空間に展示する。


【イベント情報】
「ダッチデザインの伝統と革新」展
会場:ミキモト本店6階ミキモトホール
住所:東京都中央区銀座4-5-5
会期:3月27日から4月23日
時間:11:00から19:00(3月27日は16:00閉館)
入場無料

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング